【NURO光】最安値のキャンペーンはココ!【全12社を比較しニューロ光安く!】

Photo by pennuja on Foter.com CC BY

最速ネット回線よ光回線の中でも、国際規格G-PON(※)導入で現状最も速い回線でありながら、口コミでは料金も安いと評判のNURO光
 

いよいよ「NURO光がいい!」となった時思うのが、「どうせなら1番安い販売事業者がいい!」という事で、
NURO光の各販売窓口の、「料金」「初期費用」「キャンペーン」「キャッシュバック」等、
あらゆる費用・割引要素を調べ上げて比較し、現状最も安くNURO光を導入出来る販売窓口はどこかを検証しました。
 

NURO光にしたいけど、どこか1番安いか気になる方へ、バッチリ最終回答となる結果が出ましたので、ぜひご覧下さい!
 

※G-PON
フレッツやauひかりが採用する方式のGE-PONが、データを1.5KBごとに区切って(LANのイーサネットと同様)送受信や処理するのに対し、
NURO光が採用する方式G-PONは、約38KBごとに送って処理するため、速度が速くなります。
 

名前の脱力度がなかなかですが、まだまだ中途半端。
次世代の次世代あたりにはG-CHANやAN-PON-TANあたりが台頭して来てほしいところです

【1番安いニューロ光】
まずは結論から

Photo by Johnny Vulkan on Foter.com CC BY-NC-SA

まずは「とにかく結論が知りたい!」という方のために、検証の結果からご覧頂きましょう。
 

NURO光を1番安く契約出来る販売窓口は以下の通りとなります!
 
【ネット回線のみの場合】
NURO光販売代理店の
オープンプラット
 

 

【ネット回線+ひかり電話】
NURO光販売代理店の
フルマークス

なお、キャッシュバックの代わりに、プレステ4やNintendo Switchのプレゼントを行っている販売事業者もありますが
キャッシュバック額のほうが高く、プレステ4やNintendo Switchを買ってもお釣りが来るため、上記の販売事業者がおすすめです。

 
 

また、キャッシュバックのタイミングが早い方が良い場合、

【ネット回線のみの場合】
NURO光販売代理店の
アウンカンパニー

 

【ネット回線+ひかり電話】
NURO光販売代理店の
アウンカンパニー

 

が、開通翌月の振込でおすすめです。

 

最安は条件により2つの販売事業者となりました

 
「各種料金の合計」から「キャンペーン・キャッシュバック等による割引」を引いた実質費用の計算の結果、
実際支払う「実質費用」で1番安く契約出来るのは、
条件により、NURO光販売代理店である オープンプラットもしくは フルマークスとなりました。

 
 

【キャッシュバックのスピード重視】
また、キャッシュバックは当然ながら、ある程度ネット回線を使って頂ける方へのお渡しとなるため、
キャッシュバックが振り込まれる時期は、開通後5ヶ月〜10ヶ月後となるのが一般的です。
そこで「もっと早い方がいい!」というニーズに特化し、キャッシュバックのスピードに注力している販売事業者もあり、
それが、開通翌月振込アウンカンパニー になります。

とは言え、後述しますが月額料金で¥292(ネットのみ)・¥416(ネット+ひかり電話)と、毎月ものである月額費用としては中々の差となりますので、
ラーメン屋で言えば1分で出るけどスープは薄めたしょう油です、までは行かないものの、ある程度考えて決めたほうが良いかと思われます。

 
 

【ゲーム機のプレゼントが良い場合】
販売代理店のアウンカンパニーでは、キャッシュバックの代わりに、プレステ4やNintendo Switchのプレゼントを選択することも可能で、
ゲーム好きの方の中には、こちらに魅力を感じる方もいらっしゃるかと思います。
 

しかしこれらゲーム機は、現在一時期のような品切れの心配はなく、
金額的にも、後述しますがキャッシュバック額(¥40,000以上)が、プレゼント対象のプレステ4の500GB(¥29,480)・Nintendo Switch(¥29,500)を大きく上回りますので、

ゲーム機を希望される方も、最安値販売事業者である、 オープンプラットもしくは フルマークスを選んで頂くと、キャッシュバック-ゲーム機代金のお釣り分のオトクがあるでしょう。

 

1番安いのが良い!というニーズが最も多いかとは思いますが、
それ以外の希望にも答えてくれる販売窓口がありますので、
ご自身に1番合う特典を提供してくれる所のサイトをぜひ覗いてみて下さい。

最安値のニューロ光を比較して
探っていきましょう!

セール

ここからは、結論でご紹介した結果が果たしてその通りなのか、実際の価格調査の結果を基に、検証していきたいと思いますが、
 

実はNURO光導入がそもそも出来ない住居があったりしますので、無駄足を防ぐ意味でも、導入の注意点を簡単に挙げておきましょう。
 

ニューロ光の注意点

さて、いよいよ各販売事業者の実月額費用を見ていきたいと思いますが、
NURO光は他の光回線と条件分けが微妙に異なりますので、簡単に確認しておきましょう。
 

①提供エリアについて

NURO光は、提供エリアがまだ全国までは広がっておらず、以下の地域での提供となります。

【関東】
東京・神奈川・埼玉・千葉・・茨城・栃木・群馬
 
【東海】
愛知・岐阜・静岡・三重
 
【関西】
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
 
【九州】
福岡・佐賀
 

※上記の中でも、一部未提供地域があります

 

エリアは当初関東近郊のみであったのが、続々拡大しており、現時点では上記の地域での提供となっています。

 

②マンションタイプも戸建回線

フレッツやauひかりでは、大きく分けて戸建向けとマンション向けがあります。
 
しかし、NURO光の場合は一応NURO光forマンションというタイプがあるにはあるのですが、対応物件が度を越して少なく、
東京23区であっても、各区ごとに数戸のマンションのみと、全体的にはほぼ導入が無いに等しい状態となっています。
 

これに加え、このタイプは速度的にも問題があり、また大型キャッシュバックの対象外だったりする事もあり、
今回はニュースforマンションについては割愛させて頂きました。
 

逆にNURO光の場合、マンションも基本7階以下ながら、戸建向けの高速回線を引く事が出来、キャッシュバックの対象にもなりますので、
以下戸建・マンション共通回線の実月額費用としてご紹介させて頂きたいと思います。

 

③他社回線の解約キャッシュバックのキャンペーンについて

ネット回線の販売施策で一部行われている、他社回線の途中解約をする場合、その違約金分をキャッシュバックするキャンペーンですが、
 
NURO光では、一時期一部の販売代理店で実施があったものの、
現在、他社回線違約金のキャッシュバックを行っている販売事業者はありません
 

運動会で言えば、白組に矛盾を感じ赤組に寝返る決意を固め、
いざ徒競走でトップでゴールする直前、「白組にポイントは渡せん」と、逆回しの様に後ろ向きにスタートに向かって走り出してまで赤組に忠義を示したようなもので、
何の見返りも渡さないと言うのも、つれない気もしますが、
 

他のキャッシュバック・割引が充実していますので、以下実月額費用にて比較を行って頂ければと思います。

 

【NURO光比較】
いよいよ実際に検証して行きましょう!

基準やリスト

NURO光の全ての販売事業者中で1番安く申し込めるところを探っていきたいということで、
以下の流れで検証していきたいと思います。
 

【検証の流れ】

①NURO光の販売事業者を全てピックアップ
 ↓
 ↓
②各販売事業者の「実質月額費用」を算出
 ↓
 ↓
②全販売事業者中の最安事業者を決定

 

それでは以下、NURO光を取り扱っている販売事業者を全て洗い出す所から行ってみましょう!

【ニューロ光を比較】
販売事業者は全部でこれだけデス!

「ココが最安です!」とご紹介してみたら、実は他の業者でもっと安い所があった、
となると意味がありませんので、
まずは、NURO光を販売している事業者を全てさらってみましょう。

以下がNURO光の販売事業者のリストとなります。
 

《回線業者》
NURO光

《プロバイダー》
So-net

《販売代理店》
ALL CONNECT
LIFE BANK
Moon&Sun
アウンカンパニー
オープンプラット
スローダイニング
ドリームブライト
フルマークス
ライフサポート
ライフテック

《回線業者》
auひかり・フレッツなどの、光回線の開発・運営をする業者で、NURO光の場合販売も行っています。
傾向としては、あまり金額の大きな販売キャンペーン(キャッシュバック・割引・プレゼント)を行っていない事が多いです。
 

《プロバイダー》
インターネットへの接続を提供する業者です。
NURO光はSONY系列の企業のため、プロバイダーは同じくSONY系のSo-netのみとなります。

キャンペーンは金額が大きい時もあれば小さい時もある、玉石混交の事が多いです。
 

《販売代理店》
その名の通り、回線の販売のみを行っています。
キャンペーン・キャッシュバックにおいて、最も大きい金額を提示してくれるのは、ほぼ販売代理店になります。

【一番安いニューロ光比較!】
実質月額費用の計算方法はコチラ!

販売事業者か出揃った所で、各販売事業者ごとに月額費用を計算していきましょう。
 

なお、光回線導入時の費用が月額料金だけでないことはご存知の通りですが、実は、月額料金以外の費用が思いのほか大きい割合を占めるため、
各販売事業者について「実質の月額費用」で比較する事としました。
 

実質の月額費用(以下「実月額費用」)の出し方としては、
最低利用期間中に掛かる、あらゆる費用の合計を計算した後、その1ヶ月分を算出した形で、
計算式は以下となります。
 

  事務手数料
機種代金・送料
(月額料金 × 最低利用期間)
キャッシュバック・割引  
最低利用期間(月)
※最低利用期間はプランの縛り・キャッシュバック縛り双方が解ける期間を考慮して最低利用期間としています。
 
今回はNURO光自体は24ヶ月契約ですが、実月額費用を抑えるのに重要な工事費の割引が、全額割引ながら30ヶ月分割で行われるため、もう24ヶ月契約した48ヶ月契約を最低利用期間として設定しました。

 

複数のキャンペーンがあるあ場合

1つの販売事業者で複数のキャンペーンが行われている場合、
最も実月額費用が安くなるキャンペーンで運用をした場合の費用を、その販売事業者の実月額費用としました
 

例:NURO光公式サイトでは以下の3つのキャンペーンが行われています
 

①1年間¥1,980キャンペーン
(総割引額:¥33,156)

②ワンコイン体験キャンペーン
※最大3ヶ月間月額¥500+3ヶ月¥2,980
(総割引額:¥18,018)

③キャッシュバックキャンペーン
(総キャッシュバック額:¥35,000)
 

※工事費キャッシュバックは全キャンペーン共通のため除く

 

このNURO光の例では、実月額費用が最も安いのは、総キャッシュバック額が一番大きい③のキャッシュバックキャンペーンであったため、
NURO光公式の実月額費用は③のキャッシュバックキャンペーンのものを表示しています。

 

 

以上をふまえて、いよいよ各販売事業者の実月額費用を比較していきたいと思いますが、
ネット回線のみ」と「ネット回線+ひかり電話」とで最安値の販売事業者のランキングが異なりますので、
以下ご自身が当てはまる方へ進んで頂ければと思います。
 

 
ネット回線のみ     ▶ コチラ
 

ネット回線+ひかり電話 ▶ コチラ

最安値のニューロ光の契約はココ!
 
【ネット回線のみ編】

安い、最安、格安、激安です。あお金や現金、moneyにcash

それではいよいよ最安値のNURO光を決定すべく、各販売事業者ごとで、実月額費用を見てみましょう。
条件としては、ネットのみの契約の場合になります。
 

【ネット回線のみ】

トータル費用(1か月分)

順位   契約窓口  実月額費用
最安 オープンプラット ¥3,889
フルマークス ¥3,931
スローダイニング
NURO光公式 ¥4,076
So-net
ドリームブライト ¥4,139
ライフテック ¥4,168
アウンカンパニー ¥4,181
Moon&Sun
10 ライフサポート ¥4,201
11 LIFEBANK ¥4,535
ALL CONNECT

 

《最安値》
NURO光販売代理店オープンプラットとなりました!

 
この様にネット回線のみの契約の場合、実月額費用が1番安いのは、NURO光販売代理店のオープンプラットとなりました。
ポイントは2点あり、以下の形となります。
 

①月額料金・工事費等の費用はどの販売事業者通しても金額は同じでした
 
②キャッシュバック額が、他社が¥30,000台が基本となる所、
オープンプラットは¥44,000のキャッシュバックを実施し最高額となりました。

 
各費用項目が各社同額となり、キャッシュバックの金額が実月額費用の金額に直結したため、
キャッシュバック額が最高額のオープンプラットが最安値となりました。
 

通信量OK

 
2位の販売代理店のフルマークス並びにスローダイニングも、キャッシュバック額¥43,000とオープンプラットと¥1,000差で、
実月額費用差¥21で2位と惜しい所でした。
 

しかし、キャッシュバックの振込までの期間等の諸条件も、オープンプラットと同様もしくはそれ以下であるため、
2位以下の販売事業者で契約するメリットはありません
 

この辺りからも、「最安値の販売事業者がいい!」という方には最安値かつ条件も良いオープンプラットでの契約がベストの選択と言えるでしょう。
 

 
 

キャッシュバックは落とし穴だらけ?!

今回実月額費用を計算するにあたり、NURO光販売事業者各社を調べて回りましたが、

光回線の販売事業者サイトは「分かりやすく正確に」であるべきにも関わらず、
中には引っ掛け問題のごとく間違いを誘発しているポイントがありましたので、簡単にご紹介しておきたいと思います。
 


 

①キャッシュバックの種別

今回随所に見られたのが、キャッシュバックの総額の大きさアピールするため
 
・友人・知人をNURO光に勧誘する事で貰えるもの
・電気やガスの契約も合わせてするともらえるもの

 
などほとんどの方に当てはまらないキャッシュバックを加算し、
「キャッシュバック総額¥160,000」などと、現実的には実現不可能な金額を表示しているサイトがありました。

キャッシュバック額が増えるのは大歓迎ですが、流石に、上記のようなリアリティーの無いものまで含めて、キャッシュバック総額として表示するのはやりすぎと言わざるを得ずません。
 

このあたり、今後「目でウドン食べれたら10万円」「チョップでテレビ真っ2つにしたら20万円キャッシュバック」などと言うものが出て来て、
サイトのトップページに「キャッシュバック最高200万円」なんて文字が踊る事が無いのを祈りたいと思います。

 

今回このような、該当する方がほとんど居ないキャッシュバックは、計算から除外し、

①誰でももらえる
 
②オプション等の加入が必要無い、または、開通後すぐオプションを解約しても該当する

の2点を満たすキャッシュバックのみを計算に組み入れました。

 

②NURO光関連以外のキャッシュバック
 
NURO光は意外にも、ソフトバンクと仲が良く、NURO光を契約するとソフトバンクのスマホ料金が割引となります。
 

この割引をアピールポイントにしている事業者もありましたが、これはソフトバンクのスマホ料金の割引であり、
また、NURO光をどの販売事業者から契約しても適用される割引のため、販売事業者の実月額費用に差を生まずランキングに一切影響を及ぼしません。

このため、この割引は今回の費用計算には入れませんでした。

 

この様に、販売事業者ごとに、キャッシュバック合計金額に組み入れているキャッシュバックの種類が異なるため、
実は多くのユーザーが、最安と思いながら「実は高い販売事業者」で契約をしてしまっている状況があります。
 

こういった状況も鑑みて、今回の検証では、1番基本かつ全ての方が当てはまる「誰でももらえて」「オプション等の加入無しでOK」のキャッシュバックのみを考慮に入れて、最安がどこかを検証しました。

 

リアルなキャッシュバックのランキング

正直1番安かったオープンプラットも、この種の“盛った”表示をしている部分もあるのですが、
精査したところ、現実的でない物を削ぎ落としたリアルなキャッシュバックでも、以下のようにオープンプラットがトップとなりました。

 

【ネット回線のみ】

キャッシュバック総額

順位   契約窓口  キャッシュバック
総額
オープンプラット ¥44,000
フルマークス ¥42,000
スローダイニング
NURO光公式 ¥35,000
So-net
ドリームブライト ¥32,000
ライフテックス ¥30,600
アウンカンパニー ¥30,000
Moon&Sun
10 ライフサポート ¥29,000
11 LIFEBANK ¥23,000
ALL CONNECT

 

この様に、リアルなキャッシュバック額としてもオープンプラットがトップとなっており、
こちらも反映して、オープンプラットが実質月額費用が最安値となる販売事業者となっています。
 

 

 

キャッシュバックが早い方が良いという方はコチラ

キャッシュバックの振込の早さで目立つのは、販売代理店のアウンカンパニーで、基本的に開通翌月にキャッシュバックが振込となります。
 

実月額費用が最安の販売事業者と、双方利点・欠点があるため、以下の表でご自身に合った方を選んで頂くのが良いでしょう。
(表の1番右の列に全体的な傾向も掲載しました)
 

《全体が表示されない場合横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

アウンカンパニー(最早振込)
vs
オープンプラット(最安)
項目 アウンカンパニー
(最早振込)
オープンプラット
(最安)
備考
実月額費用 ¥4,181 ¥3,889 差額¥292
総費用 ¥200,688 ¥186,672 差額¥14,016
振込時期 開通翌月 開通7ヶ月後 全体的に4ヶ月後
~10ヶ月後
手続方法 申込み確認の電話
にて完了
So-netメールアドレスに来る
案内メールに沿って
専用Webサイトにて受取口座を指定
全体的にSo-netメールから
専用Webサイトを使う方法が
一般的
権利消滅 なし 案内メール送付後46日後 全体的には案内メール
送付後31~61日後に権利消滅
《全体が表示されない場合横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

 

特に注意すべきが、手続き方法と権利消滅期間についてになります。
 

【手続き方法】

アウンカンパニーの場合、申込み後に掛かってくる電話にて確認を行えばそれで手続き完了となります。
 

オープンプラットを始めその他の販売事業者の場合、NURO光開通時に付与された@So-net.ne.jpのアドレスに開通後前触れなく来る、
キャッシュバックの手続きについてのメールを逃さずキャッチし、そちらの記載に従い手続きする必要があります。
 

これが意外と盲点で、最近では使用頻度が減ったメール、しかも@So-net.ne.jpに来たメールを忘れず調べるのは、面倒こで、
また、忘れるリスクが多少なりともあると言わざるを得ないでしょう。

 

【権利消滅】

例えメールチェックを忘れたとしても、

2083年の暮れあたりに「年越しそばはこのニュロっとしてるのが…」とつぶやいた瞬間、
「アーっ」と電撃を受けた如くニューロ光キャッシュバックの事を思い出し

慌てて手続きしてなんとか貰えました、となれば問題はありませんが、
 

オープンプラットを始めその他の販売事業者の場合、キャッシュバック手続きについてのメール送付後、45日を経過すると受け取りの権利が消滅します。
 

前記の年越しそばがニュロっとして思い出した例で言えば、約60年遅いという話になり、哀憐の情を禁じ得ませんが、
この点はアウンカンパニー意外から申し込んだ場合のリスクと言えるでしょう。

 

以上、「スマホのカレンダーアプリ等で管理しておけば忘れないよ」という方には、特段心配材料となる話ではありませんが、
 

「忘れるのが怖い派」「キャッシュバックが早い方が良い派」の方としては、
この4つのポイントを考慮しつつ、こっちが良い!という方を是非選択してみて下さい。
 

 

最安値のニューロ光の契約はココ!
 
【ネット回線+ひかり電話編】

モバイルルーターやポケットWi-FiからPCとかパソコン

続いて、ネット回線+ひかり電話を申し込む場合の最安値販売事業者を見ていきましょう。

なお、ひかり電話の料金が関東地区(¥500)、関西・東海・九州(¥300)のため、地区間で実月額費用の違いはありますが、
各地区内では、全販売事業者がひかり電話¥500もしくは¥300の同一料金ですので、地区が変わっても順位や各順位間の金額差は同一となります。
 

ネット回線+ひかり電話

トータル費用(1か月分)

順位 契約窓口 実月額費用
(関東)
実月額費用
(関西・東海・九州)
最安 フルマークス ¥4,097 ¥3,897
オープンプラット ¥4,160 ¥3,960
スローダイニング ¥4,201 ¥4,001
ドリームブライト ¥4,368 ¥4,168
ライフサポート ¥4,472 ¥4,272
ライフテック ¥4,493 ¥4,293
NURO光公式 ¥4,576 ¥4,376
So-net
アウンカンパニー
Moon&Sun
11 LIFEBANK ¥4,535 ¥4,335
ALL CONNECT

 

《最安値》
NURO光販売代理店フルマークスとなりました!

ひかり電話がプラスされると、ネット回線のみの時よりもキャッシュバックがプラスされる販売事業者がほとんどですが、
プラスされるキャッシュバック額が多い、販売代理店のフルマークスがトップに躍り出てきました。
 

ポイントは2点あり、以下の形となります。
 
①月額料金・工事費等の費用はどの販売事業者通しても金額は同じでした
 
②キャッシュバック額が、ネット回線と同額の事業者もある中、フルマークスが¥58,000の最高額キャッシュバックを実施していました

 

①の様に、各費用項目が各社同額となったため、キャッシュバックの金額が実月額費用の金額に直結し、キャッシュバック額が多いフルマークスがトップという結果となりました。

 

ネット回線のみの場合の最安値事業者オープンプラットは、+ひかり電話では、実月額費用¥63差と微小な差ながら2位となりました。
 

原因は、オープンプラットも、ネット回線+ひかり電話の場合はキャッシュバック額が¥55,000と、ネット回線のみの時の¥43,000からプラスされるものの、フルマークスの¥58,000よりは下回ってしまったためとなります。
 

 

なお、3位以下とは、約¥100〜¥1,000差と実月額費用ベースではハッキリした差が付き(実月額費用¥100で総費用約¥5,000差となります)
最安値の販売事業者がいい!」という方には、ネット回線+ひかり電話のベストな選択肢は、フルマークス1択と言って良いでしょう。
 

 
 

キャッシュバックは落とし穴だらけ?!

今回実月額費用を計算するにあたって、NURO光の販売事業者各社を調べて回りましたが、

本来、光回線の販売事業者のサイトは「分かりやすく正確に」であるべきにも関わらず、
中には引っ掛け問題のごとく間違いを誘発している点がありましたので、注意を含め、簡単にご紹介しておきたいと思います。
 


 

①キャッシュバックの種別

今回至る所に見られたのが、キャッシュバック総額の大きさアピールするため
 
・NURO光に友人・知人を勧誘すると貰えるもの
・電気・ガス等、他商品の契約も同時にすると貰えるもの

 
などほとんどの方には該当しないキャッシュバックを加算し、
「キャッシュバック総額¥160,000」などと、現実的には実現不可能な金額を表示しているサイトがありました。

キャッシュバック額が増えるのはめでたいですが、流石に上記の様なリアリティーの無いものまで含めて、キャッシュバック総額として表示するのはやりすぎと言わざるを得ません。
 

このあたり、今後「目でウドン食べれたら10万円」「チョップでテレビ真っ2つにしたら20万円キャッシュバック」などと言うものが出て来て、
サイトのトップページに「キャッシュバック最高200万円」なんて文言の並ぶ事が無いのを祈りたいと思います。

 

今回このような、ほとんど該当する方が存在しないキャッシュバックは、計算から除外し、

①誰でも貰える
 
②オプション等の加入が必要無い、または、開通後すぐオプションを解約しても該当する

の2点を満たすキャッシュバックのみを計算に組み入れました。

 

②NURO光関連以外のキャッシュバック
 
NURO光は意外にも、SoftBankと仲が良く、NURO光を契約するとSoftBankスマホの料金が割引となります。
 

中には、この割引を前面に押し出している事業者もありましたが、これはSoftBankのスマホ料金の割引であり、
また、NURO光をどの販売事業者から契約しても適用される割引のため、販売事業者の実月額費用に差を生まずランキングに一切影響を及ぼしません。

このため、今回の費用計算には入れませんでした。

 

この様に、販売事業者ごとに、キャッシュバック合計金額に組み入れているキャッシュバックの種類が異なるため、
実は多くのユーザーが、最安と思ったら「実は高い販売事業者」で契約してしまっていルノが現状です。
 

こういった状況も考慮し、1番基本かつ全員が該当する、「誰でももらえて」「オプション等の加入無しでOK」のキャッシュバックで、最安がどこかを検証しました。

 

リアルなキャッシュバックのランキング

正直見せ方として、この種の“盛った”表示をしている業者の方がお多いのですが、
フルマークスのホームページについては、端っこの方に大きめの数字を表示しているものの、全体としてリアルな数字を押し出して勝負しているようでした。
 

なお、「ちゃんと貰える」現実的なキャッシュバックのランキングとしては、以下の様になります。

 

ネット回線+ひかり電話

キャッシュバック総額

順位 契約窓口 実月額費用
キャッシュバック
総額
フルマークス ¥58,000
オープンプラット ¥55,000
スローダイニング ¥53,000
ドリームブライト ¥45,000
ライフサポート ¥40,000
ライフテックス ¥39,000
NURO光公式 ¥35,000
So-net
アウンカンパニー
Moon&Sun
11 LIFEBANK ¥25,000
ALL CONNECT

 

この様に、実際のリアルなキャッシュバックの総額でもフルマークスがトップとなっており、
この点も反映して、フルマークスが実質月額費用が最安の販売事業者となっています。
 

 

キャッシュバックが早い方が良いという方はコチラ

回線速度が速い

キャッシュバックの振込の早さで目立つのは、回線が開通した翌月に振込となる、販売代理店のアウンカンパニーとなります。
 

キャッシュバックが早くても、実月額費用の差や振込手続きなどの総合点での比較かと思われますので、
最安値のフルマークスとアウンカンパニーを各要素で比較してみましょう。

(表の1番右の列に全体的な傾向も掲載しました)
 

《全体が表示されない場合横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

アウンカンパニー(最早振込)
vs
フルマークス(最安)
項目 アウンカンパニー
(最早振込)
フルマークス
(最安)
備考
実月額費用
(関東)
¥4,576 ¥4,097 差額¥479
総費用 ¥219,648 ¥196,656 差額¥22,992
実月額費用
(関西・東海・九州)
¥4,376 ¥3,897 差額¥479
総費用 ¥210,048 ¥186,672 差額¥22,992
振込時期 開通翌月 開通6ヶ月後 全体的に4ヶ月後
~10ヶ月後
手続方法 申込み確認の電話
にて完了
So-netメールアドレスに来る
案内メールに沿って
専用Webサイトにて受取口座を指定
全体的にSo-netメールから
専用Webサイトを使う方法が
一般的
権利消滅 なし 案内メール送付後46日後 全体的には案内メール
送付後31~61日後に権利消滅
《全体が表示されない場合横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

 

実月額費用の差も大きいですが、アウンカンパニーの利便性も大きいです!

 
比較してみると、流石最安値のフルマークス実月額費用の差は中々のものですが、
振込が早いほうが良いという方には、アウンカンパニーの振込の早さと簡便性はかなり魅力と、
悩ましい状況が浮かび上がりました。
 

【実月額費用】
実月額費用は¥479差、最低利用期間トータル¥22,992差と、かなり大きい差となりました。

 

【手続き方法】
アウンカンパニーの場合、申込み後にアウンカンパニー側から掛かってくる電話にて口頭確認を行えばそれで手続き完了となります。
 
これに対し、フルマークスを始めとした各販売事業者の場合、回線開通時にもらえる@So-net.ne.jpのアドレスに、
開通6ヶ月後来るメールを逃さずキャッチし、それに従い手続きする必要があります。
 

これがちょっと微妙ポイントで、いつ来るか分からないメールをチェックし、手続きすると言うのは、
最近カレンダーアプリ等で管理はしやすくなったとは言え、まあまあの面倒言わざるを得ないでしょう。

 

【権利消滅?】
ネット回線のみの場合にも書いたものを、気に入ったのでまた記載してしまいますが、

例えメールチェックを忘れてしまったとしても、2083年の暮れあたりに「年越しそばはこのニュロっとしてるのが…」とつぶやいた瞬間、
「アーっ」と電撃を受けた如くニューロ光キャッシュバックの事を思い出し

慌てて手続きしてなんとか貰えました、となれば問題はありませんが、
 

フルマークスを始めとした各販売事業者の場合、キャッシュバックはSo-netアドレスへの案内メール送付後30日~60日(事業者による)内にキャッシュバックを受け取る必要があり、
これを過ぎると、キャッシュバックの権利が消滅します。
 

前記の年越しそばがニュロっとして思い出した例で言えば、約70年遅かったという話になり、同情を禁じ得ませんが、
この点は、アウンカンパニー以外の販売事業者から申し込んだ場合のリスクと言えるでしょう。

 

この様に、最安値のフルマークス・早いキャッシュバック受け取りのアウンカンパニー、共に大きい利点があるようです。
 

このあたり、ぜひ安さと確実性の距離感を考えて、ご判断頂ければと思いますが、
最近はカレンダーアプリによってスケジュール管理の確実に出来るようになりましたので、
 
スケジュール管理に自信のある方は最安値のフルマークス、振込の早さを重視される・受け取り忘れのリスクをツブしておきたい方はアウンカンパニーを選んでいただけるといいでしょう。
 

 

 

【NURO光最安値キャンペーン】
まとめ

以上、1番オトクに安くNURO光を引ける販売事業者を求めて、検証してきました。
 

最後に、NURO光に申し込んだ場合のオトクなポイントをご紹介して締めさせて頂きましょう。
(申し込む販売事業者に関わらず適用されます)

無線LANが無料です

自宅でスマホやタブレットを使うときには、せっかく家に光回線を引いている以上、
月間のデータ容量に制限のあるモバイル回線でなく、NURO光とWi-Fiでつないで使いたい所です。
 

しかし、基本的には光回線の入口である回線終端装置(ONU)とパソコンなどの端末は、有線でつなぐ形となっており、
無線(Wi-Fi接続)でつなぎたい場合、光回線とのWi-Fi接続を提供する無線LANルーターを自分で別途購入して設置・接続する必要があります。
 

しかし当然、

①無線LANルーターを購入する必要がある
(¥3,000〜¥10,000程度)
 

②回線終端装置(ONU)と無線LANルーターを自分で接続する必要がある

 

①これがまずイヤな所で、せっかく最安値を探ってNURO光を契約したのに、余計な機械を買う費用がかさみます。
 

しかも¥3,000程度の無線LANルーターは、300Mbps程度でしか通信出来ない物ばかりで、
せっかくMAX2Gbps(=2000Mbps)で使えるNURO光が完全にムダになってしまいます。
 

となると安くても¥5,000〜(867Mbpsの物が多い)、出来れば¥8,000〜(1733Mbpsの物が多い)の無線LANルーターを購入する必要が出て来ます。

 

この様にプラスで費用が掛かるのはイヤですし、金額的にも大分テンションが下がる額ではないでしょうか?
 

しかし、NURO光の回線終端装置(ONU)には、無線LANルーター機能が付いているものが提供されるため完全無料となります!
 

しかも無線LANルーターは、こちらでは選べないものの、1300Mbpsの高性能機種があてがわれる事が多く
 

正直まれに450Mbpsしか対応していない機種を設置される事もあるのですが、
実はNURO光のサポートに電話をすると、1300Mbps対応の回線終端装置(ONU)に無料で交換してもらえます!
(※現状事前に指定する事は出来ません)
 
なお、当然②の接続や設定は、工事に来てくれるプロ任せですので、面倒や失敗は一切ありません。

 

この辺りは実際申し込んでみると、サービス的にかなりの違いですので、NURO光の大きなメリットの1つと言えるでしょう。
 

セキュリティー製品(カスペルスキー)が無料で付いてきます

ネットショッピングでクレジットカード情報を使う事も日常となった今、
セキュリティ対策は絶対怠ってはならないポイントの1つです。
 

こんな中、世の中いろいろなセキュリティソフト等が出ていますが、
NURO光では、カスペルスキーセキュリティを無料で導入する事が出来ます。
 

カスペルスキーは日本では知名度は高くも低くもないといった所ですが、
 
セキュリティ製品の有名な性能評価機関の1つAV TESTでも、マルウェアの検出率100%を叩き出している、高性能セキュリティソフトです。

 
通常、So-netに契約した方や、前半でご紹介したNURO光Forマンションの方は、月額¥500の有料サービスですが、
一般のNURO光の場合無料で導入する事が出来ます。
(導入場所がマンションでも、本ページから申し込めるNURO光は無料で導入可能です)

 

ソフトバンクの方にうれしい特典

NURO光は意外にもSoftbankと仲が良く、NURO光+ひかり電話を契約した方で、
Softbankスマホを持っている方にはうれしい特典が2つあります
(※2つとも申し込み・特典適用にあたり料金はかかりません)

ソフトバンクスマホがずっと¥1,000割引

Softbankスマホ・ケイタイを持っている方が、NURO光+ひかり電話を契約された場合、
おうち割りひかりセットという割引セットに該当するため、
NURO光へ確認書の送付&Softbankへの申し込みで、毎月最大¥1,000(※)の割引となります。
(※ウルトラギガモンスター+/データ定額 50GBプラス/ミニモンスター、データ定額 50/20/5GBの場合)

しかも家族でSoftbankを使っている人が他にもいる場合、
そちらのSoftbankもスマホも同様に割引されます。

 
NURO光+ひかり電話・Softbank両者を契約している間はずっと割引されるため、
Softbankスマホ・ケイタイを持っている場合、なかなかうれしい割引特典と言えるでしょう
 

ソフトバンクスマホからひかり電話への通話料¥0!

Softbankスマホを以下のプランでお使いの場合、

ホワイトプラン、標準プラン、スマ放題 通話し放題プラン、スマ放題 通話し放題プラン(3G)

 
ホワイトコール24というサービスがあり、これに申し込むと、以下の通話が24時間無料となります。

NURO光のひかり電話
   ↓
契約者およびその家族のSoftbankスマホ・ケイタイ

 

契約者およびその家族のSoftbankスマホ・ケイタイ
   ↓
契約者の回線を含む、
NURO 光 でんわ、BBフォン、BBフォン(M)、ケーブルライン、ひかりdeトークS、ホワイト光電話、おうちのでんわ

 
家の固定電話での通話が多いご家庭では、月間さらに年間にすると、かなりの金額を節約する事が可能ですので、
Softbankスマホをお持ちの方がいるご家庭では、ぜひ申し込んでみて下さい。
 

NURO光を比較し最安値の検証でした!

以上NURO光を最安値で申し込める販売事業者の検証を行い、最後NURO光自体の特典面についてご覧頂きました。
 

NURO光はとにかく速度が速い!と言う事が特徴の光回線ですが、
料金面やサービス面の特典も多く、申込みがいがあるネット回線と言えるでしょう。

 

最後に最安値の販売事業者のまとめになります。
それぞれ、販売事業者への公式サイトへ飛べるリンクも張っておきましたので、
気になる事業者があった場合、公式サイトの方ものぞいて見て下さい!
 

NURO光を1番安く契約出来る販売窓口は以下の通りとなります

 

【ネット回線のみの場合】

NURO光販売代理店の
オープンプラット
 
 

【ネット回線+ひかり電話】

NURO光販売代理店の
フルマークス

なお、キャッシュバックの代わりに、プレステ4やNintendo Switchのプレゼントを行っている販売事業者もありますが
キャッシュバック額のほうが高く、プレステ4やNintendo Switchを買ってもお釣りが来るため、上記の販売事業者がおすすめです。

 
 

また、キャッシュバックのタイミングが早い方が良い場合、

【ネット回線のみの場合】

NURO光販売代理店の
アウンカンパニー

 

【ネット回線+ひかり電話】

NURO光販売代理店の
アウンカンパニー

 
が、開通翌月の振込でおすすめです。

 

それでは皆さんの快適なインターネットライフをお祈りしています!

nuro光

Posted by sleepingman