【2019年7月】OCNモバイルONEキャンペーン情報!【他社価格も掲載中!】

キャンペーンとセールsale

OCNモバイルONEにしようかなと思ってるけど、何かキャンペーンでもやってると良いんだけどなーと言う事で、
今回はOCNモバイルONEで開催中のキャンペーンについて見ていきたいと思います。
 

さすがのNTTグループ、正直圧倒的とも言える価格設定で、キャンペーンを行っていましたので、一気にご紹介していきましょう!

今OCNモバイルONEはこのキャンペーンやってます!

yeah

まずは2019年6月~7月期で、OCNモバイルONEがやっているキャンペーンをざっと見てみましょう。

①スマホで彩るあじさい祭り
内容:機種代金の割引
日程:~7/2(11時)
 

②2年間オトクがつづく!毎月320円割引キャンペーン
内容:月額料金¥320の割引
日程:~8/5
 

③SIMカード追加手数料無料キャンペーン
内容:SIMカード追加の手数料が¥0
日程:~9/30

 
この様に、夏のボーナス商戦にむけてか、3種類もキャンペーンが行われている状況となっています。
 
早速1つづつ詳しい内容を見ていきましょう!

【OCNモバイルONEキャンペーン①】
スマホで彩るあじさい祭りはインパクト大!

それではスマホ代金が大幅に割引となる『スマホで彩るあじさい祭り』から見て行きましょう。
 
なお、「OCNモバイルONE確かに安いけど、他の会社でもっと安いのあったらヤだなあ」と言う事で、
他のキャリアや、ECサイト(Amazon・楽天)の格も含めて、OCNモバイルで販売中の全機種の価格の調査結果を表にしてみました。
 
 

①全体的に概ね安い順に上から並べており、機種ごとの最安値はオレンジ数字で表示しています。
 
②OCNモバイルONEは、最上部にキャンペーン価格・2段目に通常時の価格を表示しています
 
③他社価格は、キャンペーン中の場合はキャンペーン価格を表示しています

 
《横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

購入先 ASUS 購入先 SHARP 購入先 motorola 購入先 Huawei Apple 購入先
Zenfone max
(M2)
Zenfone max
Pro(M2)
Zenfone 5 AQUOS Zero
SH-M10
AQUOS R2
SH-M09
AQUOS Sense2
SH-M08
AQUOS Sense
SH-M07
moto g7
power
moto g7 moto g7
Plus
P30
Lite
Mate20
Pro
P20 lite Nova 3 Nova lite 3 iPhone SE
OCN モバイル ONE
【キャンペーン】
¥6,800 ¥14,800 ¥17,800 OCN モバイル ONE
【キャンペーン】
¥59,800 ¥41,800 ¥5,800 ¥9,800 OCN モバイル ONE
【キャンペーン】
¥7,800 ¥11,800 ¥18,800 OCN モバイル ONE
【キャンペーン】
発売中止 ¥69,800 ¥1,800 ¥15,800 ¥3,800 ¥6,800 OCN モバイル ONE
【キャンペーン】
OCN モバイル ONE
【通常時】
¥16,800 ¥24,800 ¥39,800 OCN モバイル ONE
【通常時】
¥77,800 ¥55,800 ¥21,800 ¥29,800 OCN モバイル ONE
【通常時】
¥15,800 ¥20,800 ¥27,800 OCN モバイル ONE
【通常時】
発売中止 ¥84,800 ¥18,800 ¥34,800 ¥14,800 ¥20,800 OCN モバイル ONE
【通常時】
BIGLOBE mobile ¥24,960 ¥36,720 BIGLOBE mobile ¥58,800 ¥18,720 BIGLOBE mobile BIGLOBE mobile ¥15,360 ¥43,920 ¥16,080 BIGLOBE mobile
lljmio ¥24,800 ¥32,800 ¥49,800 lljmio ¥69,800 ¥59,800 ¥24,800 ¥36,800 lljmio ¥24,000 ¥29,800 ¥35,800 lljmio ¥98,000 ¥9,800 ¥44,800 ¥22,800 lljmio
楽天mobile ¥30,980 楽天mobile ¥89,980 ¥69,800 ¥14,580 ¥32,800 楽天mobile 楽天mobile 発売中止 ¥105,880 ¥7,980 ¥54,800 ¥7,980 楽天mobile
LINE mobile ¥52,800 LINE mobile ¥34,800 LINE mobile ¥30,800 ¥38,800 LINE mobile ¥28,980 ¥26,880 LINE mobile
excite mobile ¥26,100 ¥34,400 ¥49,800 excite mobile ¥29,800 ¥36,000 excite mobile excite mobile ¥29,800 ¥104,800 ¥23,000 ¥47,800 ¥23,400 excite mobile
DMMmobile ¥26,500 ¥35,500 ¥44,800 DMMmobile ¥89,800 ¥69,800 ¥32,800 ¥32,800 DMMmobile ¥30,800 ¥38,800 DMMmobile ¥91,880 ¥31,980 ¥48,300 ¥26,880 DMMmobile
Linksmate ¥26,500 ¥35,500 ¥52,000 Linksmate ¥34,600 Linksmate Linksmate ¥105,000 ¥31,980 ¥26,000 Linksmate
mineo ¥35,400 ¥52,800 mineo ¥96,000 ¥75,000 ¥33,000 mineo mineo ¥99,600 ¥29,400 ¥49,800 ¥24,000 mineo
nuro mobile ¥46,200 nuro mobile ¥35,640 ¥46,980 nuro mobile nuro mobile ¥29,000 nuro mobile
LIBMO ¥26,400 ¥34,800 ¥52,800 LIBMO ¥32,400 LIBMO LIBMO ¥28,800 ¥19,200 LIBMO
イオンモバイル ¥52,800 イオンモバイル ¥32,800 ¥42,800 イオンモバイル イオンモバイル ¥32,800 ¥99,800 ¥31,800 ¥54,800 ¥26,800 イオンモバイル
QT mobile ¥26,400 ¥49,680 QT mobile ¥36,000 QT mobile QT mobile ¥31,200 ¥49,680 ¥26,400 ¥39,600 QT mobile
NifMo ¥26,667 ¥48,889 NifMo ¥33,334 NifMo NifMo ¥31,112 ¥100,000 ¥28,889 ¥48,889 ¥24,445 NifMo
UQ mobile UQ mobile ¥36,396 ¥31,212 UQ mobile UQ mobile ¥31,644 ¥31,212 ¥31,644 UQ mobile
j:com j:com j:com j:com ¥33,600 j:com
                       
ドコモ ドコモ ¥95,904 ¥31,752 ドコモ ドコモ ドコモ
au au ¥95,040 ¥32,400 au au ¥32,400 au
ソフトバンク ソフトバンク ¥86,400 ¥82,080 ソフトバンク ソフトバンク ソフトバンク
                             
Amazon ¥26,645 ¥37,025 ¥51,280 Amazon ¥102,900 ¥80,389 ¥36,730 ¥33,538 Amazon ¥25,319 ¥30,240 ¥41,893 Amazon ¥34,898 ¥90,400 ¥50,793 ¥37,290 ¥26,180 ¥32,515 Amazon
楽天 ¥27,270 ¥32,173 ¥50,980 楽天 ¥93,800 ¥88,430 ¥31,912 ¥39,600 楽天 ¥25,635 ¥30,545 ¥38,475 楽天 ¥33,640 ¥88,000 ¥28,980 ¥39,700 ¥30,000 ¥30,900 楽天
《スマホの方は横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》
オレンジ数字はその機種の最安値となります
《Amazon・楽天について:これらの機種は契約後即解約された白ロム端末の再販物・並行輸入品しか販売がありません。
これらは、SIMロック解除したとしても互換性のないキャリアも多く、安心と言う点ではおすすめ出来ません》

《価格は調査時》

 

15機種(16機種中)で
OCNモバイルが大幅に最安でした

 

現状OCNモバイルONEで販売中の機種について、全て価格調査を行いましたが、
全16機種中15機種でOCNが1番安い販売事業者とかなり極端な結果となり、
今回の端末割引キャンペーンの爆安ぶりが明らかとなりました。
 

しかもHuawei P30 liteについては、例のHuaweiショックでOCNモバイルONEでもP30 liteは販売中止となっているため、
実際に販売中の機種については、全機種についてOCNの「スマホで彩るあじさい祭り」価格が最安値となっています。

 

また重要なのが価格差で、2位以下が段階的に安くなる中で、OCNモバイルONEと2位の差は全機種で¥10,000以上と、
下手をすると他社はOCNから仕入れることを考えかねない、大きな差が出る結果となっています。
 

《公式キャンペーンサイト》
OCN モバイル ONE
 

 

 

 

ここで、今回の割引機種の中でも、特にインパクトある割引となっている、目玉機種をいくつかご覧頂きましょう。
 

ZenFone Max (M2)
 
¥6,800《参考価格:¥26,600》
 

zenfone max m2

なんと 2019年03月15日発売の最新モデルZenFone Max (M2)がセール対象入りしてくれました!
 

さすが固定ファンが多い人気のASUSの最新機種、細かくわけると300を超えるモデルがある中、スマホ売り上げランキングでいきなり12位に付けている最注目機種となっています。

 

性能的にも、ミドルハイエンドのSnapdragon™632を搭載し、
口コミでも「サクサク動く」「顔認証も速い」と、動作面でかなりの高評価を得ています。
 

またバッテリーも3000mAh台が殆どの中、4000mAhの大容量バッテリーを搭載し、
出先で動画やゲームをたくさんされる方も、電池切れの心配なく使いまくれる1品です。
これだけの大容量であれば、経年使用によってバッテリー量が減っても、終日の使用に十分耐えられると思われます。

 

値段としても、ASUSの最新機種となれば売れるのが分かっている事もあり、他の販売窓口ではどこも¥25,000前後で販売されていますが、

どういう計算なのか、OCNモバイルONEでは¥6,800と、
万の位にあぶり出しで“3”あたりの数字が隠れているのを疑いたくなるレベルの驚きの値段設定となっています。
 

最新のASUSを狙っている方は、今回のセールは必ずチェックしてみて下さい!
 
《公式キャンペーンサイト》
OCN モバイル ONE
 

 

 

 

AQUOS sense2 SH-M08
 
¥5,800《参考価格:¥32,800》
 

AQUOS sense2は、スマホ売り上げランキングで長期間上位をキープしている“名作”モデルで、
2019年6月第3週付けでも堂々第7位につけています。
 

約5.5型フルHD+の超高精細IGZO液晶ディスプレイで、画面も非常にキレイで、
防水機能も現状最強クラスのIPX5/8となっおり、お風呂に入りながら使いたいという方にもおすすめの一品です
(万一のために一応ジップロック等に入れることをおすすめします)
 

値段的には、他の販売窓口では¥30,000台程度で販売されているモデルで、現在開催中のBIGLOBEモバイルのキャンペーンで¥18,720と思い切った価格を打ち出していますが、
 
今回のOCNモバイルONEの『スマホで彩るあじさい祭り』では¥5,800と、明後日あたり会社閉めるのかと疑いたくなるようなもの凄い価格設定となっています。
 

なお、過去のキャンペーンの売り切れ状況を見ても、この機種は恐らく途中で売り切れる可能性が高いです!
 

《公式キャンペーンサイト》
OCN モバイル ONE
 

 

 

 

Huawei Nova Lite 3
 
¥3,800《参考価格:¥26,800》
 

なんと2019年2月1日発売の新型モデルHuawei Nova Lite 3が早くもセールに登場です!
 

話題のしずく型ノッチ(本体側カメラ部分)のおかげで、ディスプレイも6.21インチと大きく広がり
CPUにKirin710プロセッサ搭載で処理性能が68%〜75%向上しました!
 

値段としても、他の販売窓口では概ね¥25,000前後、唯一楽天が¥10,000を微妙に切って¥9,640といった中、
OCNモバイルONEでは¥3,800とかなり過激な値段設定とっています。
狙っていた方はこのセールは非常にチャンスでしょう!
 

《公式キャンペーンサイト》
OCN モバイル ONE
 

 

 

 

Huawei Nova 3
 
¥15,800《参考価格:¥54,800》

 

nova3は、Huaweiのミドルハイエンドのnovaシリーズ最新作で、他社ではハイエンドスマホとして出てもおかしくない高性能スマホです。

 

特筆すべきは、スマホの心臓部であるSoC(CPU+GPU+チップセット+Wi-Fi)で、
nova3には、P20等のフラッグシップモデルにも採用されている、ハイエンドSoCのKirin970が搭載されています。
 

このためAI機能から高精細なゲームなど、高度なデータ処理もサクサク行える、非常にハイパワーなモデルとなっています。

 

また、Web閲覧を含めたデータ処理における使用感に、非常に影響するメモリの容量の大きさでも、
 
一般のスマホが3GBであるのに対してnova3は4GBとなっていて、SoCの性能差と相まって、日常の使用感の違いを生む大きな原因となっています。

 

novaシリーズで言えば、新機種ながら爆安と言える価格設定のnova lite 3が目玉ですが、
スペック重視の方は、長い目で見るとnova 3が満足度が高いでしょう。

何と行っても他社では安くて¥45,000程度の所、OCNでは¥15,800です!
 

《公式キャンペーンサイト》
OCN モバイル ONE
 

 

 

 

Huawei P20 lite
 
¥1,800 《参考価格:¥30,110》
 

スマホ売り上げランキングでは、発売以来半年間ランクインし続け、春先にはiPhone8を抜き去りなんとナンバー1にもなった、大ヒットスマホのP20 lite。
細かくわけると300を超えるモデルがある中、今だに売上ランキング40位と売れ続けているスターモデルです。

 

今のスマホ界のトレンド「デュアルカメラ」(背面カメラが2つのレンズで構成)、「19:9ディスプレイ」(スクロールしても見やすい縦に更に大きいディスプレイ)、「ノッチ」(限界までディスプレイ比率を上げた大画面)
全て押さえた最先端仕様です!

 

価格的には、他の販売窓口ではやっと¥30,000を切ってきた所で、キャンペーンでさえ、先日始まったiijmioのキャンペーンがが¥9,800と思い切った値引きをしてきた所でした。
 

それが、今回のOCNモバイルONEの『スマホで彩るあじさい祭り』ではなんと¥1,800!
正直OCNモバイルONEというNTT系列の信用度抜群の販売者でなければ、危なくて手が出せないレベルの世紀末大暴発プライスです!
 

気になっていた方は早めにどうぞ!
 

《公式キャンペーンサイト》
OCN モバイル ONE
 

 

 

 

AQUOS R2(SH-M09)
 
¥41,800《参考価格:¥81,800》

 
aquos R2

2019年2月21日発売のSHARPの最新スマホAQUOS R2(SH-M09)
他社では安さ2位のBIGLOEモバイルでさえ¥55,800、Amazon・楽天では¥80,000以上の値が付いているハイエンドモデルとながら、

「スマホで彩るあじさい祭り」キャンペーンでは¥41,800とECサイトの約半額で販売されています。

 

スペック的には、CPUにハイエンドのQualcomm Snapdragon 845を採用し、またメモリ容量が4GBとスマホのメモリ量としては大容量。
サイト閲覧・動画鑑賞からファイルの処理までサクサクこなすモンスタースマホです。
 

サイズは5.2インチで、最近の大画面がちょっと…という方にはおすすめのコンパクトスマホです。
片手で余裕を持って操作したいという方には、一択と言って良いでしょう。
 

ディスプレイは5.2インチFHD+(2,280×1,080)、SHARP自慢の超高精細IGZOディスプレイとなっており、
120hz駆動のハイスピード描画により、画面をスクロールした時の残像が殆ど無く、驚くほど滑らかな画面表示を実現しています。
 

やっぱりスマホAQUOSが良い!という方も多いかと思いますが、スペック的にもデザイン的にもAQUOS最強のAQUOS R2、
他の販売窓口より¥17,000~¥40,000も安い『スマホで彩るあじさい祭り』キャンペーンでぜひご覧になってみて下さい!
 

《公式キャンペーンサイト》
OCN モバイル ONE
 

 

 

 

ZenFone 5
 
¥17,800《参考価格:¥52,800》
 

zenfone5

2018年5月18日発売と少し時間は経ちましたが、現代のスマホ、使用感は4年や5年平気で一線級をキープしますので、
特に指名買いも多い名門ASUS社のハイスペック枠であるZenFoneナンバーシリーズ最新作のZenFone5
今も最新機種と遜色ないパワーを持っている一品となります。

 

まずスマホの頭脳CPUですが、Qualcomm Snapdragon 636を搭載し、なんとあのiPhone Xと同レベルの処理能力を持ったモンスターマシンです!

 

しかもスマホのメモリと言えば普通が3GB、高スペックだと4GBというのが、ガジェット好きのスマホキチガイの脊髄に刻まれた共通事項だったのが、
ZenFone5はなんと6GB!
 

パソコンのメモリを、握力強いやつとか腕の力強いヤツ呼んで押し込んだとしか思えない、スマホの枠を一歩飛び出たスペックです。

 

このASUSのハイパワースマホ、表を見て頂けると分かる通り平均¥50,000オーバー、頑張って¥46,000~¥47,000と言うのは、
そりゃそうでしょうと言う納得の価格帯です。
 

しかし、今回のOCNモバイルONE『スマホで彩るあじさい祭り』キャンペーンで、¥30,000台前半でもなく、¥20,000台突入でもなく、なんと¥17,800!
 


 

社長は本当にこの値段付けた事を知っているのかな、と一瞬疑ってしまう、スペックと不釣り合いな大幅値下げとなっています。

 

自分はずっとOCNモバイルONEのキャンペーンをウォッチしていますが、大きすぎる値下げをした後は、
仮にまた次のセールを行ったとしても少し値段が元に戻ったりする現象があります。
 

正直この機種は値下げペースが早い感があるため、ZenFone5をチェックしてたという方は、ぜひキャンペーンサイトを一度見てみて下さい!
 

《公式キャンペーンサイト》
OCN モバイル ONE
 

 

SMS認証について

実は今回のセールの破壊力あふれる価格設定に、自分もP20 liteを購入したのですが、
申込みにあたり1か所SMS認証でSMSが届かず、長時間ツマづいてしまった個所がありました。
 

何とか無事に乗り越えて申込めましたので、同じくSMSが届かない方いらっしゃいましたら、
コチラのページに対処法を載せておきましたので,

ぜひチェックして頂ければと思います。

 

この様に、2019年3月にスマホを買いたいと思われている方は、見ているだけでワクワクするラインアップとなっていますので、
ぜひOCNモバイルONEの公式キャンペーンサイトを覗いてみてください!
 

 

【OCNモバイルONEキャンペーン②】
毎月320円割引キャンペーン

続いて月額料金が割引となる『2年間オトクがつづく!毎月320円割引キャンペーン』のご紹介です。

 

まず簡単にOCNモバイルONEの通常時の月額料金について確認してみると、
格安Simの月額料金は、ほとんど各社差が無いものの、細かく見ると最低料金が

(A)¥1,200~¥1,300程度のグループ
 
(B)¥1,600~¥1,700程度のグループ

に分けられます。

 

ちなみにOCNモバイルONEはと言うと、実は1番安いプランが¥1,600と高めのグループに属します。
しかし一見OCNは高いようですが、これは

最低料金プランで使えるデータ量
 

(A)¥1,200~¥1,300程度のグループ
→1GB程度
 
(B)¥1,600~¥1,700程度のグループ
→3GB程度

という風に使えるデータ容量に違いがあるためで、
OCNモバイルONEの最低料金¥1,600のプランも、110MB/日(月間最大3GB程度)と使える量が多めとなっています。

毎月320円割引キャンペーンでこんなに安く!

安いし最安で格安がつ激安です。現金moneyにcash

それでは『2年間オトクがつづく!毎月320円割引キャンペーン』の詳細のご紹介といきましょう。
8/5まで展開される本キャンペーンでは、月額料金が以下の様に安くなります!

新生活応援割
 プラン   通常料金 キャンペーン料金
110MB/日 ¥1,600 ¥1,280
170MB/日 ¥2,080 ¥1,760
3GB/月 ¥1,800 ¥1,480
6GB/月 ¥2,150 ¥1,830
10GB/月 ¥3,000 ¥2,680
20GB/月 ¥4,850 ¥4,530
30GB/月 ¥6,750 ¥6,430

 
この様に割引額的には全プラン¥320で統一されています。
割引の率としては,低料金のプランがかなり魅力的になっていますが、全プラン同じくのオトク額となっています。

 

なお、今回の新生活応援割、実は以下の様なうれしいポイントがあります。

OCNモバイルONE
(1)割引期間が24ヵ月間ある

よくある月額料金割引は、最初の2・3ヵ月のみが安くその後は通常価格に戻ってしまうものが殆どで、
それでもなかなか有り難いのですが、新生活応援割の割引は、なんと24ヵ月間も適用されます。

 

(2)全プランに渡って割引がある

割引が一部のプランのみという月額料金割引もよく見られますが、
新生活応援割は全プランが割引の対象となっています。

特に(1)について、自分もスマホやモバイルルーター・光回線などのネット回線の料金をずっとウォッチしていますが、
24ヵ月も割引が続くというのは中々出会う事は無く、かなり太っ腹な施策と言って良いでしょう。

 

なんと両方適用OKです!

通信量OK

ちなみに、この手の割引キャンペーンは、1つの割引キャンペーンを適用されると、他のキャンペーンには適用外となる事が多いですが、
この『2年間オトクがつづく!毎月320円割引キャンペーン』は『スマホで彩るあじさい祭り』と同時に適用されます!

 

1年でも最も需要の多いこの時期ならではの思い切ったキャンペーンとなっていて、
正直利益が出てるのか、「オプションもう1個付けてみようかな」などと実家の母親の様な仏心が顔を覗かすレベルですが、
 
いずれにしろ、前出の『新年度開幕直前スマホ市』での端末の値引きと合わせると、トータルで¥30,000・¥40,000は平気で得してしまう
1年でもこの時期しかないビッグなチャンスであると言えるでしょう。

 

《公式キャンペーンサイト》
OCNモバイルONE 公式キャンペーンサイト
 

【OCNモバイルONEキャンペーン③】
SIMカード追加手数料無料キャンペーン

SIMカード

最後に、ご家族や会社でOCNモバイルONEを使う方に朗報の、
SIMカード追加手数料無料キャンペーンについてご紹介しておきましょう。
 

実は単純に何でもSIMカード2つ目にサービスがある、という訳ではなく、少し条件があり、以下の形となります。

【条件】
主回線としてOCNモバイルのSIMを契約(例:30GB)

その上で、主回線の30GBを共同で使う副回線を契約
 

【特典】
副回線4回線まで、SIMカード発行手数料が¥3,000→無料!

 
例としては、スマホをOCNモバイルONE(例:20GB)で契約し、どうせなら家にあるタブレットもOCNで使いたいとなった時、

タブレットも5GBのプランのデータSIMで契約

ですとキャンペーンには該当せず、

スマホの20GBを主回線とし、タブレットはそれに紐付く副回線として契約。
タブレットで使ったデータ量は主回線の20GBから引かれていく

という場合、副回線のSIMは発行手数料¥3,000がキャンペーンで無料となります。

 

なお、主回線+副回線の容量シェアのプランであれば、SIMカードの名義や容量については縛りは無く、以下の様になります。

【名義の種類は関係なし!】

例として1人で複数のSIMを契約する場合をご紹介しましたが、
家族や会社など、複数人の契約を、その中の1人を主回線・その他の人を副回線として申し込んでも、キャンペーンは適用されます。

 

【容量も関係なし!】

例として20GBや30GBを出しましたが、OCNモバイルONEで出している全ての容量が対象となります。

 
この様に、1人で複数台の端末をOCNモバイルONEで運用したり、家族などで容量をシェアして使う場合、
このキャンペーンは狙い目となりますので、
該当する方はぜひ検討してみて下さい!
 

《公式キャンペーンサイト》
OCN モバイル ONE
 

【OCNモバイルONEキャンペーン】
まとめ

以上OCNモバイルONEのキャンペーンについて見てきましたが、
ちょっぴり罪悪感が出てきてしまいかねない程の大幅な割引となっていました。

 

このブログの記事のため、1年を通してOCNモバイルONEのキャンペーンをチェックしていますが、
今回のキャンペーンは、他社の販売価格の半額は当たり前、1/3の機種もある段違いの値引きをしています。
 

いつ社長が「今回のキャンペーン価格、0を1個付け忘れていました」と謝罪会見を開いてもおかしくないOCNモバイルONE、
ぜひキャンペーンサイトで、意中の端末をチェックしてみて下さい!
 

 

それでは皆さんの快適なスマホライフをお祈りしています!!

 

 

 

 

最安スマホ関連記事

全体的な比較

【スマホの最安購入窓口】

 

 

機種ごと

【ZenFone Max (M2)】

 
【Nova lite 3】

 

 

最安でスマホを運用

【音声通話は050・LINE】

 

 

他社キャンペーン

【リペアSIM】

 
【b-mobile】

 

 

 

 

 

 

 

以下参考までに、過去キャンペーンについての記事を一部残してあります。 OCNモバイルONEのキャンペーンの時系列を確認したい方はご覧下さい。

2019年4月のキャンペーン情報

キャンペーンとセールsale

OCNモバイルONEにしようかなと思ってるけど、何かキャンペーンでもやってると良いんだけどなーと言う事で、
 

格安Sim各社のキャンペーンを調べまわってみたら、さすがはNTTグループのOCNモバイルONE、
正直圧倒的とも言える価格設定で、キャンペーンを行っていましたので、今回一気にご紹介していきたいと思います。

今OCNモバイルONEはこのキャンペーンやってます!

yeah

まずは2019年3月現在、OCNモバイルONEがやっているキャンペーンをざっと見てみましょう。

①新年度開幕直前スマホ市
内容:機種代金の割引
日程:~3/28(11時)
 

②新生活応援割
内容:月額料金の割引
日程:~3/31
 

③モバイル紹介キャンペーン
内容:友人の紹介で¥1,000~のAmazonギフト券
日程:~4/30(17時)
 

④SIMカード追加手数料無料キャンペーン
内容:SIMカード追加の手数料が¥0
日程:~4/9

 
この様に、新年度が近いこともあり4種類もキャンペーンが行われている状況となっています。
 

なお今回は③・④についてはオトク額が少なく該当する方も少ないため、紙面の関係もありOCNモバイルONE公式サイトに譲り、
スマホが大幅割引になる『①新年度開幕直前スマホ市』と『②新生活応援割』について詳しく見てきたいと思います。

【OCNモバイルONEキャンペーン①】
新年度開幕直前スマホ市はインパクト大!

それでは早速、スマホ代金が大幅割引となる『新年度開幕直前スマホ市』から見て行きましょう。
 

まずは今回の割引機種の中でも、特にインパクトある割引となっている、目玉機種をご覧ください!
 

Huawei Nova Lite 3
 
¥8,800→¥14,800《参考価格:¥26,800》

(一度売切後、再入荷で価格変更)
 

なんと2019年2月1日発売Huaweiの最新モデルNova Lite 3が早くもセールに登場です!
 

話題のしずく型ノッチ(本体側カメラ脇にまでディスプレイを切ったデザイン)のおかげで、ディスプレイの大きさも6.21インチとかなり広がり
CPUにKirin710プロセッサを搭載し処理能力が68%〜75%向上しました!

 

しずく型ノッチのデザインは、スマホのデザインの新しい流れと言った感じで、実物も見ましたが、
今後このデザイン以前・以後で、「最近のスマホ」「昔のスマホ」と印象が大きく分かれると思われます。

 

値段としても、他の販売窓口ではどこも¥25,000前後で販売されており、¥8,800はかなり次元の違う値段設定と言えます。
狙っていた方はこのセールは非常にチャンスでしょう!

 

 

 

AQUOS sense2 SH-M08
 
¥5,800《参考価格:¥32,800》
 

2018年12月27日に出たばかりAQUOS sense2、発売から2か月ちょいしかたっていないSHARPの最新モデルです!
 

約5.5型フルHD+の超高精細IGZO液晶ディスプレイが非常にキレイな上に、
防水・防塵機能も現状最強クラスのIPX5/8となっおり、お風呂に入りながら使いたいという方にもおすすめの一品です
(万一のために一応ジップロック等に入れることをおすすめします)

 

値段的には、他の販売窓口では¥30,000台で販売されおり、3/31まで開催中のBIGLOBEモバイルのキャンペーンで唯一¥18,720と思い切った値段設定となっていますが、
 

今回のOCNモバイルONEの『新年度開幕直前スマホ市』では¥5,800と、
もう社長がOCNモバイルONEの株を全部売ってしまったのかと疑いたくなるほどの凄い価格での販売となっています。

 

この様に、他社のキャンペーン価格からでさえ1/3ですので、AQUOS sense2いいなと思っていた方には、最大のチャンスと言って良いでしょう!
なお、過去のキャンペーンの売り切れ状況を見ると、この機種は恐らく途中で売り切れる可能性が高いです!

 

 

 

ZenFone Live (L1)
 
¥480《参考価格:¥18,144》
 

zenfone-live

今回の最大の注目機種の1つと言って良いでしょう。なんと本体価格¥480!
しかしこれはZenfoneシリーズで高性能スマホ界を引っ張るASUSの2018年12月発売のNEWラインナップです!

 

性能的にも、5.5インチ大画面に、CPUはSnapdragon 430(オクタコア)、カメラも背面1300万画素・前面500万画素の高精細で、
文句なしのスペックとなっています。

 

この機種は、他の販売窓口では概ね¥16,000台で販売されており、過去OCNモバイルONEのキャンペーンでは¥5,800の値を付けました。
 

そういった中、先日始まったiijmioのキャンペーンでは¥5,000と、ZenFone Live価格史上最も安い値段を付けましたが、

これに対抗したのでしょうか、なんと¥480と、先走ってiijmioで契約した方がスマホをたたき割りかねない爆裂特価となっています。
 

ASUSしかもZenFoneシリーズなのに!

 

 

 

Huawei P20 lite
 
¥800 《参考価格:¥30,110》

3/20売り切れ後、3/22再度発売
 

2月初週のスマホ売り上げランキングでは、iPhone8を抜き去りなんとナンバー1となった、大ヒットスマホのP20 lite。

 

今のスマホ界のトレンド「デュアルカメラ」(背面カメラが2つのレンズで構成)、「19:9ディスプレイ」(スクロールしても見やすい縦に更に大きいディスプレイ)、「ノッチ」(全面カメラの周辺までディスプレイを切り込ませたデザイン)
全て押さえた最先端仕様です!
  

特にデザイン面で、nova lite 3同様のノッチデザインを採用しており、
今後「新しいスマホ」「古いスマホ」を分けるであろう、デザインの新潮流を採用した急先鋒の機種となっています!

&nbsp

価格的には、他の販売窓口ではやっと¥30,000を切るかといった所で、
セール価格でさえ、先日始まったBIGLOBEモバイルの「セレクトプラン端末値引き特典」が¥15,360と一段踏み込んだ値引きをしてきた所でした。
 

それが、今回のOCNモバイルONEの『新年度開幕直前スマホ市』では、¥8,000でも激安の所なんと¥800!
 

正直OCNモバイルONEというNTT系列で信用度十分の販売者でなければ、怖くて手が出せないレベルの世紀末大暴発プライスです!

 

自分自身OCNモバイルONEのキャンペーンはずっとチェックしていますが、「発売半年〜1年未満の端末中で最安」と言う機種は売り切れの確率が高くなっていますので、

気になっていた方は早めにどうぞ!
 

《3/22追記》
一旦3/20時点で売り切れてしましましたが、3/22時点で再度入荷しました!
2018年SIMフリー売上No.1&2019年2月iPhoneを抑えて売上No.1となった高性能スマホだけあって、動きが速くなっています。

気になっている方は是非是非早めにチェックしてください。
再び売り切れの確率が非常に高いです!

 

 

通常時の価格でも、他の販売窓口での販売価格と段違いの安さ(半額などもあり)のOCNモバイルONE、
今ですと、更に常識を踏み越えた安さになっていますので、
ぜひキャンペーンサイトをのぞいてみて下さい!

 

《OCNモバイルONEキャンペーンサイト》

 

キャンペーン中の全機種をご紹介
【他社キャンペーン比較も】

それではここで、目玉機種として挙げた以外にも、キャンペーンサイトにある機種について、その値段設定を確認していきましょう。
 

なお、「OCNモバイルONE確かに安いけど、他の会社でもっと安いのあったらヤだなあ」と言う事で、
他のキャリアや、ECサイト(Amazon・楽天)の価格も含めて表にしています。
 

また現在BIGLOBEモバイルとiijmioが、大幅な端末割引キャンペーンを行っているため、その価格も別枠で表示ししました。
 

《スマホの方は横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

購入先 Huawei 購入先 ASUS 購入先 SHARP
mate 20 pro P20lite nova 3 nova lite 3 Zenfone5 Zenfone live AQUOS R2
SH-M09
AQUOS Sense2
SH-M08
AQUOS sense
plus SH-M07
OCNモバイルONE
キャンペーン
¥64,800 ¥800 ¥17,800 ¥8,800 OCNモバイルONE
キャンペーン
¥19,800 ¥480 OCNモバイルONE
キャンペーン
¥47,800 ¥5,800 ¥29,800
iijmioキャンペーン ¥98,000 ¥49,800 iijmioキャンペーン ¥5,000 iijmioキャンペーン ¥10,000
BIGLOBEmobile
キャンペーン
¥15,360 ¥43,920 BIGLOBEmobile
キャンペーン
¥36,720 ¥6,000 BIGLOBEmobile
キャンペーン
¥18,720 ¥28,800
OCNモバイルONE ¥84,800 ¥18,800 ¥34,800 ¥8,800 OCNモバイルONE ¥39,800 ¥8,800 OCNモバイルONE ¥47,800 ¥21,800 ¥29,800
iijmio ¥98,000 ¥27,800 ¥49,800 ¥22,800 iijmio ¥16,800 iijmio ¥64,800 ¥29,800 ¥36,800
BIGLOBEmobile ¥29,760 ¥54,720 BIGLOBEmobile ¥47,520 ¥16,800 BIGLOBEmobile ¥33,120 ¥39,600
exciteモバイル ¥89,800 ¥28,800 ¥43,200 ¥23,400 exciteモバイル ¥49,800 exciteモバイル ¥29,800 ¥36,000
LinksMate ¥105,000 ¥31,980 ¥50,000 ¥26,000 LinksMate ¥52,000 LinksMate ¥34,600
QTmobile ¥31,200 ¥49,680 ¥26,400 QTmobile ¥49,680 ¥16,800 QTmobile ¥36,000
DMMmobile ¥111,880 ¥31,980 ¥54,800 ¥26,880 DMMmobile ¥52,800 ¥16,800 DMMmobile ¥69,800 ¥32,800 ¥40,800
LINEmobile ¥28,980 ¥26,880 LINEmobile ¥52,800 ¥17,800 LINEmobile ¥34,800
mineo ¥99,600 ¥29,400 ¥49,800 ¥24,000 mineo ¥52,800 ¥16,800 mineo ¥75,000 ¥33,000
イオンモバイル ¥111,800 ¥31,800 ¥54,800 ¥26,800 イオンモバイル ¥52,800 ¥14,800 イオンモバイル ¥32,800 ¥42,800
nuro mobile ¥29,800 nuro mobile ¥46,200 nuro mobile ¥46,980
NifMo ¥100,000 ¥28,889 ¥48,889 NifMo ¥48,889 ¥16,667 NifMo ¥33,334
楽天モバイル ¥105,880 ¥31,980 ¥49,880 ¥26,880 楽天モバイル ¥52,800 ¥17,800 楽天モバイル ¥69,800 ¥29,800 ¥32,800
UQmobile ¥31,212 ¥31,644 UQmobile UQmobile ¥36,396 ¥31,212
J:com ¥33,600 J:com J:com
ドコモ ドコモ ドコモ ¥31,752
au ¥32,400 au au ¥32,400
Softbank ¥120,960 Softbank Softbank ¥82,080
Amazon ¥96,000 ¥50,793 ¥44,280 ¥26,180 Amazon ¥51,280 ¥16,000 Amazon ¥80,389 ¥36,730 ¥33,538
楽天 ¥102,000 ¥28,980 ¥48,500 ¥30,000 楽天 ¥50,980 ¥17,190 楽天 ¥88,430 ¥31,912 ¥39,600
《スマホの方は横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》
《Amazon・楽天について:これらの機種は契約後即解約された白ロム端末の再販物・並行輸入品しか販売がありません。
これらは、SIMロック解除したとしても互換性のないキャリアも多く、安心と言う点ではおすすめ出来ません》

《価格は調査時》

 

OCNモバイルONEキャンペーンが
1番安くなっています!

この様に、他社と比較してみると、OCNモバイルONEキャンペーンの大幅な値引きっぷりが際立つ結果となりました。
 

とは言え、唯一AQUOS senseplus(SH-M07)については、iijmioに軍配が上がりましたので、この機種を狙っていた方は
IIJmio公式キャンペーンサイト をご覧頂ければと思いますが、
 

その他の機種については、¥10,000・¥20,000の違いは当たり前と、ドッキリを疑いたくなる程の価格差となりました。
 

落差

 
特にOCNモバイルONEは最新機種・人気機種を大胆に値引きするのが特徴で、
 

目玉機種でご紹介したP20 liteやnova lite 3、Zenfone 5・ZenFone liveはもちろん、
名目の価格は一見高めに見える以下の機種たちも、ディスカウントの大きさでは目玉機種に勝るとも劣らない大幅値引きとなっています。

 

AQUOS R2(SH-M09)
 
¥47,800→¥55,800《参考価格:¥81,800》

(一度売切後、再入荷で価格変更)→→→再度売り切れ
 
aquos R2

2019年2月21日発売のSHARPの最新スマホAQUOS R2(SH-M09)、名目の価格¥47,800→¥55,800とは最新機種らしい値段設定となっています。
 

しかし、他社では安さ2位のiijmioでさえ¥64,800、Amazon・楽天では¥80,000以上の値が付いており、
これらに比べると、OCNモバイルONEは¥17,000~¥33,000→¥¥9,000~¥27,000の大幅に値引きされて販売されています。
 

スペック的には、CPUにハイエンドのQualcomm Snapdragon 845を採用し、またメモリ容量が4GBとスマホのメモリ量としては大容量。
サイト閲覧・動画鑑賞からファイルの処理までサクサクこなすモンスタースマホです。
 

サイズは5.2インチで、最近の大画面がちょっと…という方にはおすすめのコンパクトスマホです。
片手で余裕を持って操作したいという方には、一択と言って良いでしょう。
 

ディスプレイは5.2インチFHD+(2,280×1,080)、SHARP自慢の超高精細IGZOディスプレイとなっており、
120hz駆動のハイスピード描画により、画面をスクロールした時の残像が殆ど無く、驚くほど滑らかな画面表示を実現しています。
 

しかもこのAQUOS R2、デザイン的にも新時代デザインのノッチデザイン(前面カメラの横までディスプレイを切ったデザイン)をSHARPで初めて採用しました。

 

やっぱりスマホAQUOSが良い!という方も多いかと思いますが、スペック的にもデザイン的にもAQUOS最強のAQUOS R2、
他の販売窓口より¥17,000~¥33,000→¥¥9,000~¥27,000も安い『新年度開幕直前スマホ市』でぜひご覧になってみて下さい!

 

 

 

ZenFone 5
 
¥19,800《参考価格:¥52,800》
 

zenfone5

2018年5月18日発売、少し時間は経ちましたが現代のスマホ、使用感は4年や5年平気で一線級をキープしますので、
最新機種と遜色ないパワーを持っている一品となります。
 

特に指名買いも多い名門ASUS社のZenFoneのナンバーシリーズ最新作のZenFone5、良くないわけがありません!

 

まずスマホの頭脳CPUですが、Qualcomm Snapdragon 636を搭載し、なんとあのiPhone Xと同レベルの処理能力を持ったモンスターマシンです!
 

しかもスマホのメモリと言えば普通が3GB、高スペックだと4GBというのが、ガジェット好きのスマホキチガイの脊髄に刻まれた共通事項だったのが、
ZenFone5はなんと6GB!

 

パソコンのメモリを、なんとが握力強いやつとか腕の力強いヤツ呼んで押し込んだとしか思えない、
スマホの枠を一歩飛び出たスペックです。
 

これなら高精細画像を多用したネットゲームなどもサクサク動作してくれるでしょう。

 

このASUSのハイパワースマホ、表を見て頂けると分かる通り普通は¥50,000オーバー、頑張って¥46,000~¥47,000と言うのは、
そりゃそうでしょうと言う納得の価格帯です。
 

そこをBIGLOBEモバイルが頑張って、年度末と言う事で社運を賭けた『セレクトプラン端末値引き特典』で、¥10,000下がった¥36,720と言う思い切った価格を出してきました。

 

しかし、自分自身ZenFone5の2019年春の最安値は¥36,720かなと記事にも書こうかと思っていた矢先、
今回のOCNモバイルONE『新年度開幕直前スマホ市』で、¥30,000台前半でもなく、¥20,000台突入でもなく、なんと¥19,800!
 


 

社長は本当にこの値段付けた事を知っているのかな、と一瞬疑ってしまう、スペックと不釣り合いな大幅値下げとなっています。

 

自分はずっとOCNモバイルONEのキャンペーンをウォッチしていますが、大きすぎる値下げをした後は、
仮にまた次のセールを行ったとしても少し値段が元に戻ったりする現象があります。
 

正直この機種は値下げペースが早い感があるため、ZenFone5をチェックしてたという方は、ぜひキャンペーンサイトを一度見てみて下さい!

 

この様に、2019年3月にスマホを買いたいと思われている方は、見ているだけでワクワクするラインアップとなっていますので、
ぜひOCNモバイルONEの公式キャンペーンサイトを覗いてみてください!
 

 

【OCNモバイルONEキャンペーン②】
新生活応援割は長く使うとかなりのオトク度!

続いて月額料金が割引となる新生活応援割のご紹介です。

 

まず簡単にOCNモバイルONEの通常時の月額料金について確認してみると、
格安Simの月額料金は、ほとんど各社差が無いものの、細かく見ると最低料金が

(A)¥1,200~¥1,300程度のグループ
 
(B)¥1,600~¥1,700程度のグループ

に分けられます。

 

ちなみにOCNモバイルONEはと言うと、実は1番安いプランが¥1,600と高めのグループに属します。
しかし一見OCNは高いようですが、これは

最低料金プランで使えるデータ量
 

(A)¥1,200~¥1,300程度のグループ
→1GB程度
 
(B)¥1,600~¥1,700程度のグループ
→3GB程度

という風に使えるデータ容量に違いがあるためで、
OCNモバイルONEの最低料金¥1,600のプランも、110MB/日(月間最大3GB程度)と使える量が多めとなっています。

新生活応援割でこんなに安く!

安いし最安で格安がつ激安です。現金moneyにcash

それでは新生活応援割のご紹介といきましょう。
3/31まで展開される新生活応援割では、月額料金が以下の様に安くなります!

新生活応援割
 プラン   通常料金 キャンペーン料金
110MB/日 ¥1,600 ¥1,280
170MB/日 ¥2,080 ¥1,760
3GB/月 ¥1,800 ¥1,480
6GB/月 ¥2,150 ¥1,830
10GB/月 ¥3,000 ¥2,680
20GB/月 ¥4,850 ¥4,530
30GB/月 ¥6,750 ¥6,430

 
この様に割引額的には全プラン¥320で統一されています。
割引の率としては,低料金のプランがかなり魅力的になっていますが、全プラン同じくのオトク額となっています。

 

なお、今回の新生活応援割、実は以下の様なうれしいポイントがあります。

OCNモバイルONE
(1)割引期間が24ヵ月間ある

よくある月額料金割引は、最初の2・3ヵ月のみが安くその後は通常価格に戻ってしまうものが殆どで、
それでもなかなか有り難いのですが、新生活応援割の割引は、なんと24ヵ月間も適用されます。

 

(2)全プランに渡って割引がある

割引が一部のプランのみという月額料金割引もよく見られますが、
新生活応援割は全プランが割引の対象となっています。

特に(1)について、自分もスマホやモバイルルーター・光回線などのネット回線の料金をずっとウォッチしていますが、
24ヵ月も割引が続くというのは中々出会う事は無く、かなり太っ腹な施策と言って良いでしょう。

 

なんと両方適用OKです!

通信量OK

ちなみに、この手の割引キャンペーンは、1つの割引キャンペーンを適用されると、他のキャンペーンには適用外となる事が多いですが、
この『新生活応援割』は『新年度開幕直前スマホ市』と同時に適用されます!

 

1年でも最も需要の多いこの時期ならではの思い切ったキャンペーンとなっていて、
正直利益が出てるのか、問い合わせ電話に出てきたお姉さんが不憫になってきてしまうレベルですが、

 

いずれにしろ、前出の『新年度開幕直前スマホ市』での端末の値引きと合わせると、トータルで¥30,000・¥40,000は平気で得してしまう
1年でもこの時期しかないビッグなチャンスであると言えるでしょう。

 

《OCNモバイルONE公式キャンペーンサイト》