【ZenFone Max (M2)価格調査】1番安く最安値で買うにはココ!【キャンペーン情報つき】

zenfone max m2

2019年3月15日発売のASUS最新モデルZenFone Max (M2)【ZB633KL】ですが、いざ「コレにしよう!」と思っても、安い買い物ではないだけに、
「どこで買うと1番安く買えるんだい」と言うのが気になる所でしょう。
 

そこで今回は、ZenFone Max (M2)の3つの購入方法、

・3大キャリアでの購入
・格安simでの購入
・Amazon・楽天での購入

について全て価格を調べ、最安値で売っている所はドコ?という悩みに最終回答をご提供したいと思います。

《まず結論から》
ZenFone Max (M2)価格が1番安いのはココ!

早速ZenFone Max (M2)を1番安く買える販売事業者について見て行きたいと思いますが、
まずお急ぎの方のために、結論からご紹介していきましょう。
 

ZenFone Max (M2)を最も安く買えるのは


OCN モバイル ONE
になります!

格安Simながら、日本を代表する巨大企業NTTコミュニケーションズのグループだけに、OCNモバイルONEが1番の安売り事業者となったのは、
叶姉妹がジャージの良さに目覚めたようなもんで、ちょっと意外な結果となりました。
 

NTTグループがジャージの良さに目覚めてくれたとなると、他の企業は葉っぱ1枚の良さに目覚めてくれる位の必要が出てきそうですが、
全ての販売窓口を調べ回った結果、正直“既に葉っぱ1枚レベルの安さ”だったOCNモバイルONEがナンバーワンとなりました。

スマホ本体の値段調査の結果をどうぞ!

結論からご覧いただきましたが、果たして本当にOCNモバイルONEが、ZenFone Max (M2)を最安値で売る販売窓口なのか、
実際の価格調査の結果をご覧頂きましょう。
 
まずは端末本体の販売価格ベースでの、スマホ販売事業者各社の値段の表になります。
 

販売窓口のカテゴリーごと(格安Sim・3大キャリア・ECサイト)に並べましたが、
格安SIMについては、最も安い順に上から並べています。
 
また、比較対象となる事が多い同シリーズであるZenFone Max Pro(M2)の値段も、右列に併記しました。

 

《横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

購入先 ASUS
Zenfone max
(M2)
Zenfone max
Pro(M2)
OCN モバイル ONE ¥3,800 ¥12,800
BIGLOBE mobile ¥24,960
lljmio ¥24,800 ¥19,800
楽天mobile
LINE mobile ¥26,500 ¥35,500
excite mobile ¥26,100 ¥34,480
NifMo ¥26,667
mineo ¥22,800 ¥35,400
nuro mobile
LIBMO ¥26,400 ¥34,800
イオンモバイル ¥25,800 ¥38,400
QT mobile ¥26,400
Linksmate ¥26,500 ¥35,500
ドコモ
au
ソフトバンク
Amazon ¥26,645 ¥37,025
楽天 ¥27,270 ¥32,173
《スマホの方は横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》
オレンジ数字はその機種の最安値となります
《Amazon・楽天について:これらの機種は契約後即解約された白ロム端末の再販物・並行輸入品しか販売がありません。
これらは、SIMロック解除したとしても互換性のないキャリアも多く、安心と言う点ではおすすめ出来ません》
データはスマホを安く買う方法についての記事と共有しています。
《価格は調査時》

 

最安値はOCNモバイルONEでした!

ご覧の通り、価格調査の結果ZenFone Max (M2)を1番安く買えるのは、格安SimのOCNモバイルONEでの購入となりました。
 

これは現在OCNモバイルONEで、端末の値引きセール「衝撃のタックル価格セール」を行っているためで、
価格差としても、他の販売事業者がほぼ¥25,000前後で横並びの中OCNモバイルONEは¥3,800と、一社だけ突出して安い販売価格となっています。

 

NTTグループの交渉力のなせるワザか、他社の¥8,000〜¥10,000引きの価格で出しているOCN、スマホ本体価格ベースで安い販売事業者を探している方は、こちらのOCNモバイルONE一択と言えるでしょう。
 
《最安値販売者公式サイト》
OCN モバイル ONE

 

【トータルのコストで比較】
まずは最安スマホの調査の基準を簡単に!

端末本体価格で見ると、他社の値段の¥8,000〜¥10,000引きと圧倒的に安かったOCNモバイルONEですが、

特にZenFone Max (M2)をメイン端末として使い続けたい!という場合は、スマホに係る他の費用(初期費用・月額料金等)も合わせた、トータルのコストも見たいところでしょう。
 

そこでここからは、「スマホ本体代金+スマホの取得・運用に関わる全費用」のトータルコストで見た場合、
1番安くZenFone Max (M2)を使い続けられるのはドコ? という所を調べてみましょう。

計算のやり方ご紹介

早速端末代金同様、トータルコストのランキングをご覧頂きたいと思いますが、
闇雲に数字を並べられても、イマイチ信用しがたい部分がおるかと思います。

そこで簡単にトータルコストの計算方法をご紹介しておきましょう。
 

①全費用項目の金額をチェックしました
費用項目としては、月額料金・事務手数料・SIMカード代金・送料等になります。

※Amazon・楽天については、端末購入後人気のUQmobileの音声通話プランで運用するとして計算しました。

②トータル費用(ひと月あたり)を計算
12ヵ月間で掛かる費用を全て足し合わせ、それを分かりやすく1か月あたりにならして、
ひと月あたりのトータル費用を出しています

 
この様にして、端末代金以外の諸費用も考慮した『トータルのコスト月額)』を計算しましした。
それではランキングをご覧いただきましょう!

【ZenFone Max(M2)】
トータル価格で1番安いのはココ!

yeah

それではお待たせ致しました、ZenFone Max Pro(M2)を使っていく場合のトータル費用でのランキングは以下の通りです!
(今回も右列にZenFone Max Pro(M2)の費用を掲載しています)
 

《横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

購入先 ASUS
Zenfone max
(M2)
Zenfone max
Pro(M2)
OCN モバイル ONE ¥2,199 ¥2,949
BIGLOBE mobile ¥3,362
lljmio ¥3,375 ¥2,958
楽天mobile
LINE mobile ¥3,441 ¥4,191
excite mobile ¥3,545 ¥4,243
NifMo ¥4,072
mineo ¥3,479 ¥4,529
nuro mobile
LIBMO ¥3,730 ¥4,430
イオンモバイル ¥3,980 ¥5,030
QT mobile ¥3,652
Linksmate ¥3,591 ¥4,341
ドコモ
au
ソフトバンク
Amazon ¥4,150 ¥5,015
楽天 ¥4,202 ¥4,611
《スマホの方は横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》
オレンジ数字はその機種の最安値となります
《Amazon・楽天について:これらの機種は契約後即解約された白ロム端末の再販物・並行輸入品しか販売がありません。
これらは、SIMロック解除したとしても互換性のないキャリアも多く、安心と言う点ではおすすめ出来ません》
《価格は調査時》

 

トータル最安値もOCNモバイルONEでした!

yeah

計算の結果、ZenFone Max (M2)を音声通話プランで1番安く運用出来るのは、端末代金安さナンバーワンのOCNモバイルONEとなりました
 

他社も現在キャンペーン中のキャリアが多いものの、OCNモバイルONEの端末代金自体の安さにより、トータルコストでもトップとなっています。
 

なおこれはひと月あたりですので、これを年単位で継続するとハッキリした差となる事もあり、
トータル費用で考えても、Zenfone max(M2)は、OCNモバイルONEでの購入が非常にオトクとなるでしょう。
 
《最安値販売者公式サイト》
OCN モバイル ONE

 

【まとめ】
ZenFone Max(M2)を1番安く買うには

以上ZenFone Max (M2)の最安の販売事業者はドコ?と言う事で探ってきましたが、
スマホ本体・トータル費用共に、OCNモバイルONEが1番安いという結果になりました。
 

ZenFone Max(M2)以外にも、Androidスマホの価格をチェックしているのですが、
実はOCNモバイルONEは、NTTグループながら最も多くの機種で、1番安くスマホを購入・運用出来るキャリアとなっています。


 
なお、BIGLOBEモバイルやiijmioなどは、キャンペーン中の場合大きい割引額を出して来る事があり、
機種によっては最安販売事業者となる事もあります。
 

しかし現在両社とも9月〜10月はキャンペーン中ながら、ZenFone Max(M2)の販売価格ではOCNモバイルONEがナンバー1となっており、
「ZenFone Max(M2)が良いなあ」という方は、ぜひOCNモバイルONEの公式サイトをのぞいてみて下さい。
 

《最安値販売者公式サイト》
OCN モバイル ONE

 

 

 

 

※以上で本文の『ZenFone Max(M2)を1番安く買うならココ!』については終了となります。
 

なお、以下公式サイト等を見る前に、ZenFone Max(M2)のスペック等を再確認しておきたい方のために
以下簡単にまとめてみました。

ZenFone Max(M2)のスペック

VR360°動画

まずZenFone Max (M2)のスペックについてまとめた物をご覧頂きましょう。
 

《全部表示されない場合は横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

項目 ZenFone Max (M2)
SoC Snapdragon 632
(Cortex-A53(1.8GHz) ×8(オクタコア))
(GPU:Adreno 506)
メモリ(RAM) 4MB
ストレージ 32MB
OS Android™ 8.1(ピュアAndroid)
ディスプレイ 6.3型ワイド IPS液晶
解像度 HD+:1,520×720ドット
アウトカメラ 1300万画素+200万画素
AIデュアルカメラ
イントカメラ 800万画素
AIシングルカメラ
バッテリー 4,000mAh
対応バンド
(FDD-LTE)
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/
B17/B18/B19/B26/B28
対応バンド
(TDD-LTE)
B38/B41
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
顔認証ロック
解除機能
有り
センサー GPS(GLONASSサポート)、指紋センサー
電子コンパス、加速度センサ
近接センサー、ジャイロスコープ
光センサー
テザリング 可能
SIMサイズ nanoSIM(2スロット)
本体サイズ 高さ約158.4mm×幅約76.2mm
×奥行き約7.7mm
スマホの方は横スクロールで隠れている部分をご覧いただけます

 

それでは以下主な機能について詳しく見ていきましょう

SoC処理機能

ZenFone Max(M2)は、心臓部であるSoC(CPU+GPU+wifi端末+チップセット)として、Qalcomm社のSnapdragon 632を採用しています。
 

CPU:全体の複雑な演算処理を行う装置
 
GPU:画像に関する、簡単ながら並列な処理を行う装置

 

ここで気になるのがSnapdragon632ってどの辺のランクなのかと言う所ですが、
ざっくり言うとSnapdragonは、チップの番号で以下の様なランク分けとなっています。

Snapdragon 800番台:ハイエンド

Snapdragon 600番台:ハイエンド~ミドルレンジ

Snapdragon 400番台:ミドルレンジ~ローエンド

Snapdragon 200番台:ローエンド

 
この様に600番台は、価格的にはハイエンドよりリーズナブルでありつつ、
性能的にはハイエンドで培った最新鋭の物を搭載した、いわゆるミドルハイエンドの物になります。
 

ベンチマークスコアはコチラ

ミドルハイエンドのSnapdragon632を搭載するZenFone Max (M2)ですが、
スマホの性能テストであるAntutuベンチマークのスコアを見てみると、概ね以下の通りとなります。

ベンチマークスコア
機種名 スコア
ZenFone Max Pro(M2) 13500
ZenFone Max(M2) 11000
Xperia X Dual F5122 9800
AQUOS sense plus 8900
Huawei P20 lite 8400
Xperia Z5 Compact 8200
arrows NX 7900
HTC Desire 12+ 7100

 
この様に同じくミドルハイエンドの機種、また2,3年前のハイエンドと比べてみましたが、
データ処理性能は高いレベルであると言えるでしょう。
 

メモリ・ストレージ

体感の処理速度に大きく影響するメモリですが、一般のスマホが3GBのところ、ZenFone Max(M2)は4GBを搭載しており、
サイトの閲覧から動画・ゲームまで、サクサクと動作してくれます。

 
 

またストレージは、内蔵ストレージが32GBとスマホとしては標準サイズですが、一般的な使い方であれば特に不自由はまず無いかと思われます。
 

しかしこれに加え、Zenfone max(M2)はカードスロットに外部ストレージとして、2TBのmicroSDも搭載可能となっています。
 

ノートPCでさえ、一般的にはストレージは500GBが主流ですので、2TBはその4倍。
スマホで写真や動画を撮る機会が多い方、動画・ゲームなどをたくさんダウンロードする方も、容量を全く気にする事なく使って頂けるでしょう

カメラ性能について

スマホのカメラ

続いて、今やスマホ選びの最重要ポイントの1つ、カメラ性能について見てみましょう。
 

背面カメラは、メインの1300万画素・F値1.8のワイドレンズに加え、セカンドカメラとして200万画素深度計測用カメラを備えているため、
中心のみピントが合いその他の部分はボケ感が広がる、プロの様なポートレート写真も簡単に撮影可能です。
(ボカしの度合いも調整可)
 

AIが設定を自動調整

また画素解析AI搭載で、撮影のシチュエーションを解析し、明るさ・ホワイトバランスなどの値が最適なモードで撮影してくれます。
 

このため以前は良くあった「なんか暗い」「白過ぎて逆光ぽい」「なんかモヤっとしてる」などといった残念な写真ばかり撮れてしまう、と言うリスク無く、
被写体に合わせたモードで、雑誌の様なキレイな写真を撮ることが出来ます。

 

なお撮影モードは以下の13種類あり、細かいシーンの違いにも適切に対応します。

撮影モード

ピープル:人物撮影用

フード:料理写真などに最適

ドッグ:愛犬の撮影に

キャット:猫が1番キレイに!

サンセット:夕方の撮影時もクッキリ

スカイ:晴天時も全体が光ってしまう事なく、コントラストが付いた写真に

フィールド:野外での撮影に合わせたモード

オーシャン:照り返しなどもある海での撮影もしっかり撮影中

フラワー:花の色のコントラストを生き生きと

グリーン:草木の緑も見たままの輝くような緑に

スノー:白バックの雪原での撮影もバッチリ

ステージ:暗い環境でも、目で見たままに近いクオリティで

テキスト:印刷物もハッキリ写るモード

 

動画も手ブレ無し!

ZenFone Max(M2)は手ブレ補正機構EISを搭載しており、とかく手ブレで残念な動画になりがちな野外での撮影も、
ピタっと手振れのないクリアな画を撮ることが可能です。

YouTubeやtiktokに動画を上げることが多い方も、十分なクオリティの動画を撮影する事が出来るでしょう。

インカメラにはSNS向け機能も

インカメラにも、少し前ならデジカメレベルの800万画素・F値2.0のカメラを搭載しています。

 

インカメラは、使うとすればぼぼ自撮りが目的ですが、これに対応して、肌の美しさを引き出すリアルタイムビューディーモードを搭載しました。

これは3段階の美肌モードからなり、顔色を解析しより美しい肌色を引き出して撮影
また、気になる箇所の補正も可能でスッキリシャープな自撮り画像を撮る事が可能となっています。

オーディオ・ビジュアル系機能

スマホのAV機能

今やテレビも音楽もスマホが主流となった今、スマホの機能の核とも言える、オーディオ・ビジュアル系のスペックについてご紹介です。

ディスプレイ

ZenFone Max(M2)は、6.3インチの大型IPS液晶画面、かつベゼル(縁の部分)を狭くしノッチを設置する事で、画面占有率が88%と高い、非常に「今どき」な画面デザインとなっています。
 
このため同じサイズでも画面が大きく見え、動画鑑賞・ゲームでも臨場感あふれた映像を楽しむことが出来るでしょう。
 

なお、画像処理の計算を行うGPUとして、高い評価を受けていたAdreno506を改良したAdreno508を搭載しているため、ゲームなども迫力の画像をスピーディーな反応速度で映し出す構成となっています。
 

オーディオ機能

ZenFone Max(M2)ではオーディオ用に、クリアな音質を作り出す事に定評あるNXPスマートアンプを採用しました。

また、マグネットスピーカーを小さいスマホの中に5つも搭載、ジャンルを問わず、外出時もPVの中に居る様に音楽を楽しむ事が可能です。

コアなポイントもバッチリ

スマホとしての中心的な要素である、以下の様な要素についてもご紹介しておきましょう。

バッテリーの持ちは最強クラス

Zenfone Max(M2)の大きなセールスポイントは、その驚異的な電池持ちの良さにもあります。
 

一般的なスマホもバッテリー性能が上がり3,000mAh台の物が増えてきましたが、
Zenfone Max(M2)は、更に先を行く大容量4,000mAhのバッテリーを搭載しました。
 

このため、最大35時間連続通話可能と、非現実的なまでの電池持ちを実現し、逆に、他のUSBデバイスに電源を供給するリバースチャージまでが可能となっています。
 

これだけのバッテリー容量があれば、外出先でも動画やゲームを思う存分たのしむ事が出来るでしょう。
 

デュアルSIM対応です

個人用と会社用など、スマホの使い分けをしている方は多いかと思いますが、
こういった方に注目なのが、デュアルSIM対応スマホでしょう。
 

Zenfone Max(M2)はnanoSIMカードスロットを2つ備えており、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しています。

2台持ちにいい加減辟易して来ていた方にも、Zenfone Max(M2)はおすすめのスマホと言えるでしょう。

防水防塵・おサイフケータイ・ワンセグ・には非対応

最後に、ZenFone Max(M2)についてのウィークポイントをご紹介しておきましょう。
 

実はZenFone Max(M2)は、国内キャリア端末の特徴的な機能としてある、防水防塵・おサイフケータイ・ワンセグが非対応となっています。
 

これらの機能がマストという方はZenfone Max(M2)は厳しいかと思われますが、
代りに出来る対応としては以下の様な方法があるかと思われます。

防水防塵の代わり
市販の防水ケース
(自己責任でジップロック(汗) 個人的にはこれでイケてます)
 

おサイフケータイの代わり
paypay, LINE pay等のスマホ決済
 

ワンセグの代わり
TVer等のテレビ視聴アプリ
(データ容量を消費)

 
こんな方法じゃスマホの意味無いやという方は厳しいですが、
こういった代替案で行けそうな方は、Zenfone Max(M2)を検討する価値が大きいかと思われます。

Zenfone Max(M2)は高コスパスマホです!

以上Zenfone Max(M2)について、最安で購入出来る販売事業者、並びにスペック面についてご紹介してきました。
 

人気のASUSからの最新の高機能スマホながら、最安のOCNモバイルONEでは、プラン料金や初期費用を含めた実月額費用で¥2,962と、
本当にスマホ代なのかと疑いたくなるリーズナブルさとなっています。

 

間違いなく2019年のモデルの中でも非常な高コスパスマホですので、狙っていた方はぜひ最安値のOCNモバイルONEをのぞいて見て下さい!
 
《最安値販売者公式サイト》
OCN モバイル ONE