一番安いポケットWiFiはコレ!【全10ブランドを徹底検証!】最安値モバイルルーター探してる方必見!

1番安いモバイルルーター(=ポケットWi-Fi)が欲しい!」と思う人は多いですが、
 

忙しい現代人としては、「家電量販店に無い物の中にも良いのがあるみたいだし、全ルーターを探して値段調べるなんて時間も無いしめんどくさい!」
というのが本音でしょう。

 

そこで今回、

①おなじみのルーターからちょっとマイナーなものまで、全モバイルルーターを掘り起こし
 

②月額料金だけでなく、初期費用や端末代金なども含めた、トータル料金を計算
 

 

そして最終的にこの結果を比較し、世の中で本当に一番格安のモバイルルーターを探って行きたいと思います。

まずは結論から
【一番安い格安のポケットWi-Fiはコレ!】

時間無いからとにかく結果をという方のために、
まず、各種検討の結果、最安のモバイルルーターはどれだったのかをお知らせしましょう。
 


世にあるのモバイルルーターを、3大キャリアからマイナーな物まで調べた結果、最安だったのは




NEXTmobile

です!

 
いきなり、大部分の方には聞いたことがない名前が出てきたかも知れません(汗)

 

自分も3大キャリアかWiMAXあたりの名前を出して、クールに商品名をコールしたかったのですが、
ルーターの世界をさらいにさらって計算してみれば、こんな下から3番目ぐらいに書こうと思ってた名前がトップに出てきて、
 
「本当に最安かな」「千葉と茨城のネットにしかつながんないんじゃないだろうか」などと非常に混乱しております。
(自分は千葉、親が茨城出身でして両県の方すいません(汗))

 


しかし調べてみると、NEXTmobileは一番の格安であるばかりか、電波・インフラとしてソフトバンクの物を使用しており、
性能面でも電波のつながり易さ・速度など申し分ない事が判明してきました。
 

このため段々自分でも欲しくなってしまい、実は最終的に自分でもNEXTmobileを契約してしまいました。

 

以下まず前編として、本当に最安はこのNEXTmobileなのか?について、詳しく見ていきたいと思います。
(後編では、電波のつながり・速度といった性能面を探って行きます)

一番安い格安のポケットWi-Fiを探って行きましょう!

それでは、最安のWi-Fiルーターを決めるため、ここから以下の流れに沿って調べて行こうと思います。
 

①モバイルルーターを提供している全ての通信事業者の洗い出し
  ↓
  ↓
②各通信事業者のプランのうち、実質使えないプランの物を省く
  ↓
  ↓
③月額料金以外の費用も含んだ、トータルでの実月額費用の計算

 
主旨としては、詳しくは各ゾーンでご説明しますが、
世の中の全モバイルルーター事業者の出す、使えるプランのモバイルルーターを、細かい費用も含めたトータル料金で比較する」
という事になります。

それでは早速ご覧下さい!

ポケットWi-Fiを提供している事業者はコレとコレ!

それではまず第1段階、世の中にあるWi-Fiルーター提供業者はドコとドコがあるのか洗い出してみましょう。
 

結果をリストにまとめると、以下の様になります。

・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・WiMAX
・Ymobile
・Yahoo!Wi-Fi
・OnlyMobile
・CMobile
・スマモバ
・NEXTmobile

 

携帯大手3社は当然の如くモバイルルーターを扱っており、WiMAXも有名です。
それに対し、Onlymobile〜NEXTmobileまでは初めて聞いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 

これらは現状の知名度としては高くありませんが、実は、使っているインフラはドコモやソフトバンクのそれを使っており、機種も大手が採用しているものと同じか同等の物を扱っています。

 

特にNEXTmobileについては、形としては格安sim同様のmvnoでありながら、

NEXTmobileの電波性能
①マンション・ビル内や地下でも電波が入る
 

②“実測”回線速度が20Mbps中盤~30Mbps中盤
 (高精細動画をスムーズに再生出来る速度の4倍~5倍)

と、電波の入り・速度共に、ソフトバンク本体のモバイルルーターと同等の性能を持っています。
 

格安simが、サイト閲覧にもイライラする程速度が遅いのは、APN(アクセス・ポイント・ネーム)によって、ドコモやソフトバンクといった❛本体❜と区別され、
本体のデータ処理を圧迫しない様、格安simのデータ処理量が押さえられている事によります。

 

これに対しNEXTmobileは、APNとして「plus.4g」というソフトバンク本体と同一のものを与えられているため、
ソフトバンク本体のルーターと同様に回線を使え、同等の回線速度を出す事が出来ています。

ポケットWi-Fi各社の料金プランは?

料金、費用、月額、coin

続いて第2段階として、各社のモバイルルーターを、料金プラン毎で見ていきましょう。
各キャリアが提供している料金プランは以下の様になります。

キャリア名プラン名データ容量3日制限
ドコモウルトラデータSパック2G無制限
ウルトラデータMパック5G無制限
ウルトラデータLパック20G無制限
ウルトラデータLLパック30G無制限
auWiMAX 2+ フラット for DATA7G無制限
WiMAX 2+ フラット for DATA EX無制限10G
SoftBank4G/LTEデータし放題フラット7G無制限
4G/データし放題フラット7G無制限
WiMAX通常プラン(7G)7G無制限
ギガ放題無制限10G
YmobilePocket WiFi プラン2 ライト5G無制限
Pocket WiFi プラン27G無制限
 〃 (アドバンスオプション加入)無制限10G
Yahoo!Wi-Fi通常プラン(5G)5G無制限
上限なしプラン無制限10G
OnlyMobileONLY Mobile Xi (ドコモ回線)5G500M
Xi 使い放題 (ドコモ回線)無制限2G
ONLY Mobile PocketⅢ(Ymobile回線)7G3G
Ymobile無制限無制限3G
WiMAX ギガ放題無制限10G
Cmobile5G制限プラン5G500M
Xi 使い放題無制限2G
スマモバ5Gプラン5G無制限
LTE使い放題プラン無制限3G
NEXTmobileギガネクスト2020G無制限
ギガネクスト3030G無制限
《全部表示されていない場合、横スクロールして残り部分の表示可能です》

 
ここで上記を見ていくと、プランごとに使えるデータ容量に違いがあり、中には使用に差し支える程にデータ容量が少ない物があるのが分かります。
 

ここから、データ容量が少ない物については赤字で表記し、
赤字を含むプランは、使用に差し支える程データ量が少ないと言う事で、白バックで表して、料金計算の対象から除外しました。

 

これに対し、十分使えるデータ容量を持っているプランについては、緑バックで表示して、以下の料金計算の対象としています。
 

 

除外した“少ない”プランとは?

除外した「使用に差し支える程にデータ容量が少ない物」としては2種類あり、1つ目は月間データ容量がひと桁(9GB以下)の物になります。
 

以下に示した記事で、どういう使い方をしたら、ひと月でどれ位のデータ量を消費するか実験してみたのですが、
 

結果、ホームページの閲覧だけで約9GB程使ってしまう結果となりました。

ホームページ閲覧だけでも約9GBですので、これにメールやLINE、動画閲覧やゲームなどでのネット使用を考えると、
 

月間でひと桁GBしか使えないとなると、マトモに使うのはちょっと厳しいと言わざるを得ないでしょう。

 
 

続いて除外した物の2つ目は、3日間データ容量が少ない物です。
月間と同時に、3日間のデータ容量の制限というものも存在しますが、この3日間のデータ容量が2GB以下というのも、
週末など動画の鑑賞やホームページの閲覧が多めの時は心もとないと言えます。
 

逆に月間でデータ容量制限があっても20G以上であれば、上記の記事でも実験しましたが、通常の使い方であれば、動画などをそこそこ見てもデータ容量が余ったりと、問題なく使う事が出来ました。

 

まとめると、今回最安のモバイルWi-Fiルーターを探るにあたって、

データ量に問題有りのプラン
・月間の使用可能データ容量がひと桁
・3日間の使用可能データ容量が2G以下

については、データ容量面で流石に使えないモバイルルーターという事で除外し、
 

容量OKである表の中で緑バックで表示したプランについて以下考えていきたいと思います。

一番安い格安のポケットWi-Fiはどれ?

さていよいよ最終段階、十分なデータ容量を持つモバイルルーターの料金を計算して、最安のものを探って行きましょう。

 

今回、初期費用等から各回線の割引やキャッシュバックまで加味した、リアルな月額費用を計算してみました。
影に隠れがちな物も含め、ネット回線の契約・使用に関わる全ての費用をあぶり出した形になります。

 

計算式としては以下の通りです。

  事務手数料
雑費(端末送料等)
(月額料金 × 最低利用期間)
キャッシュバック・割引  
最低利用期間(月)

※最低利用期間はプラン・端末の分割払い期間・キャッシュバック全ての縛りが解けるものとしています

 

全体像としては、注意事項に小さく書いてある費用も含め、最低利用期間の間に掛かる全費用を出し、
そこからキャッシュバック・割引分を引いて、期間中に実際支払う総費用を計算、
 
これを、プランによって違う最低利用期間(月)で割ってリアルな1ヶ月あたりの費用を比べようという主旨になります。

一番安い格安のポケットWi-Fiはコレ!

さて計算の結果はどうだったでしょうか?
各プランの実月額料金は以下の様になります。
 

《全部表示されていない場合、横スクロールして残り部分の表示可能です》
キャリア名実月額料金プラン名
ドコモ¥7,525ウルトラデータL
¥9,525ウルトラデータLL
au¥4,334WiMAX2+フラット
for DATA EX
SoftBank
WiMAX¥4,333ギガ放題
Ymobile¥4,758Pocket WiFi プラン2
(アドバンスオプション加入)
 Yahoo!Wifi ¥4,448上限なしプラン
OnlyMobile¥4,383Ymobile無制限
¥4,383WiMAX ギガ放題
Cmobile
スマモバ¥4,063LTE使い放題プラン
NEXTmobile¥2,88520GBプラン
¥3,61530GBプラン
表の色について
安い(¥2,000台): 緑 
普通(¥3,000台):  うす緑 
高い:(¥4,000台): 黄色 
かなり高い(¥5,000以上): 赤 
《全部表示されていない場合、横スクロールして残り部分の表示可能です》

 

この様に、トータルの料金の計算の結果、使えるモバイルルーター中最安はNEXTmobileという結果となりました。
 

全体を見ていくと、基本¥4,000台が中心価格帯で、ドコモのモバイルルーターがひと際高く¥7,000オーバーとなっている中、
NEXTmobileのみグッと安く¥2,000台の値段を付けています。

 

NEXTmobileの¥2,885は唯一の¥2,000台であり、NEXTmobile以外のキャリアに¥1,200以上の大差をつけていますので、
ダントツの1位と言っていいでしょう
 

 

この様に、十分なデータ容量を持つモバイルWi-Fiルーターの中で最安のものは、文句なしでNEXTmobileとなっています。
 

最安のモバイルルーターを探してたけど、性能的にも使えないと困る!という方にはおすすめのモバイルルーターとなっていますので、
 
気になる方はぜひ NEXTmobile公式ホームページの方をぜひのぞいてみて下さい。

一番安い格安のポケットWi-Fi=ネクストモバイル!

3大キャリアやWiMAXといったメジャーな物から、マイナーな物まで、モバイルルーター(=ポケットWi-Fi)界を最安を探してめぐって来ましたが、
最終的に¥2,000台に踏み込んだモバイルルーター、NEXTmobileを発見しました。

 

ちょっと名前の通りが良くないのが弱点ですが(汗)、
 

昔はあった携帯キャリアの言い合いで、「オレ携帯ドコモー」などと、「オレ妖怪ペゴモーン」の方が似合う崩れたドヤ顔で言い放つ人種も姿を消しましたので、
 

特にブランド的なものを気にされない方には、非常におすすめのモバイルルーターとなっています。

 

前編の「最安のモバイルルーター(=ポケットWi-Fi)を探す」について、これにて締めさせて頂きたいと思いますが、
最安であっても性能面がダメでは意味がありませんので、後編にて、実際にネクストモバイルのルーターで、電波のつながり・回線スピードについて実験しました。

ひと息ついて是非ご覧ください!

 

後編「ネクストモバイルの性能面」についてご覧になる方は ▶ コチラ
(ネクストモバイル選択時の注意も書いているのでよろしければご覧下さい)

早速「NEXTmobileの公式ホームページ」が見たいという方は ▶ コチラ
 
 

それでは皆さんの快適なインターネットライフをお祈りしています!