【Ymobile】ワイモバイルのポケットWiFi料金が、月額¥2,885で使える裏技ご紹介!【ガチ比較編】

当初CMでは、トボケた味の面白いネコ1匹で突っ走っていたワイモバイル、最近はネコが言う事を聞かないのか、有名なタレントさんを起用していますが、
信頼性バッチリのワイモバイルに興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかしここで、ワイモバイルの電波・インフラと同じものを使いつつ、ワイモバイルが¥4,758に対して、
¥2,885と格段に安く使える、非常にお得な裏ワザがあったらどうでしょう?!

それではご覧下さい。

ワイモバイルの電波・インフラは自前じゃなかった?!

この章の見出しですが、ワイモバイルの裏技と何の関係があるんだと言うところでしょう。

しかし、実は今回ご紹介する裏技は、ワイモバイルが使っている回線と関係があり、これが大きなポイントとなっていますので、以下ご覧頂ければと思います。

ワイモバイルはソフトバンク回線だった?!

あれだけCMを打っているワイモバイル、ドコモやauなどの様に、自前で大がかりな電波通信施設の数々を持ちつつモバイルルーターに電波を送っていると思われるのではないでしょうか。

事実ワイモバイルのホームページには以下の様な記述があります

他の格安SIMやMVNOとの大きな違いは?

一番の大きな違いは自社の回線を利用していること、そしてワイモバイルを取り扱う実店舗が全国に約4,000店あることの2つがあげられます。

 

しかしワイモバイルは、前身のイーモバイル・ウィルコム時代は、独自のインフラを持って自社の独立した電波網を形作っていましたが、

現在はソフトバンクグループとなり、イーモバイル・ウィルコム時代のインフラ・電波網は、ソフトバンクの物と統合されました。

 

先ほどの“自社回線”という記述は、ワイモバイルのみの独自インフラ網を持っていると言う事ではなく、
今やソフトバンクグループの一員であるワイモバイルが、ソフトバンクグループ全体の電波網を使っている事をもって、「自社の回線を利用している」と表現したとのことです。(ワイモバイル確認済み)

エリアのデータからも分かります

ワイモバイルがソフトバンクグループの電波網・インフラを使っている事は、ワイモバイルのエリア紹介ページ(https://www.ymobile.jp/area/)からも分かります。

日本地図の左側の部分に「ソフトバンクのネットワークで高速&高品質」の文字が見えます。

また、“広い”と見出しが付いた、エリアの広さについての欄にある「詳細はこちら」のリンク先は、ソフトバンクのエリアを紹介するページへと飛ぶようになっています。
(上記はスクリーンショットのためリンクには飛びません)

 

この様に、現在ワイモバイルのポケットWi-Fiについては、その電波はソフトバンクグループのインフラから供給されており、
その通信性能(つながり易さ・回線速度)はソフトバンクと同じクオリティーを持っている、と言う事になります。

 

ワイモバイルが良い!と思って契約を考えていた方の中には、少し残念に思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、

通信ネットワークの性能や信頼性、と言う面から見ると、3大キャリアの1つであるソフトバンクグループの電波網・インフラを使っているという事は、むしろかなりのプラスであると言えるでしょう。

裏技はコレです!

 

さて、ワイモバイルがソフトバンク回線を使っている事を見て頂いた所で、
いよいよ、実質ワイモバイルのポケットWi-Fiを格安に使える裏技を見て頂きましょう。

それはコチラです!

実質ワイモバイルのポケットWi-Fiを¥2,885/月 で格安に使える裏技



ネクストモバイルを使う事です!

 

…何それ?
と言う方が続出しているかと思います…(汗)

何か上手い契約の方法を使うと、ポケットWi-Fiが安く契約出来る、
と言った裏技を、自分としてもご紹介したかったです…
その路線の裏技としては以下の感じが回答になるのでしょうか?

経団連の会長になる

ワイモバイルの社長と会食

ココ持つからポケットWi-Fi月¥1,000でお願いと土下座

…しかし、これはちょっとハードルが高いと言わざるを得ません。

 

そこで出てきたのが「ネクストモバイルを使う」と言う方法です。

「ネクストモバイル」という言葉自体初めて聞く方が多いと思いますが、
ネクストモバイルというのは、ワイモバイル同様、ソフトバンク回線を使っているポケットWi-Fiの名称です。

 


《ネクストモバイル公式サイトより。「快適で安心のソフトバンク回線」の文字アリ》

 

ポケットWi-Fiといえば、有名どころでは3大キャリアが出しているものや、ワイモバイルがありますが、
実はそれ以外にもあまり知られていないポケットWi-Fiがいくつかあります。

 

ネクストモバイルはその中の1つですが、ポケットWi-Fiで1番大事な『電波』を、ワイモバイル同様3大キャリアの1つソフトバンクグループの設備・インフラのものを使って供給しています。

そのため、正直名前は知られていませんが、「信頼性」「実際の性能」はソフトバンクグループのクオリティーですので、
名前が知られていない部分が気にならない方には非常におすすめのポケットWi-Fiとなっています。

本当に裏ワザなのか、以下の流れで検証!

さて、ネクストモバイルは本当にワイモバイルの裏技になるのか、
以下の流れで検証したいと思います。

料金・データ容量がワイモバイルよりお得か比較


(ネクストモバイルの方がお得が判明した場合)


②ネクストモバイルの性能を検証

①②両方の条件をクリアすれば、性能が良くてワイモバイルより安い、と言う事で、
ネクストモバイルはワイモバイルの裏ワザとなり得ると認定出来るかと思います。

それではご覧下さい!

①ネクストモバイルの「料金」「データ容量」はお得?

裏技と言うからには、まず1番気になるのが料金です。
早速、ネクストモバイルはワイモバイルよりおトクなのか見てみましょう。

ネクストモバイルの料金プランをご紹介

まずはネクストモバイルのプランについて簡単に見て頂きたいと思います。
その上で、実質3つあるワイモバイルのプランと1つ1つ比較していきたいと思います。

ネクストモバイルのプランはシンプルで、以下の3つになります。

20GBプラン ⇒ ¥2,885

10GB以上使えるポケットWi-Fiで最安!

 
 

30GBプラン ⇒ ¥3,615
料金・データ容量のバランスが取れたプラン!

 
 

50GBプラン ⇒ ¥5,005
大容量量プランはコレ!

この内20GBは一般的な使用においては十分なデータ容量であるのに、実月額費用が¥2,885と、世にある10GB以上使えるものの中でで最も安く使えるポケットWi-Fiとなっています。

 
 

なお、料金については「実月額費用」で比較したいと思います。
これは月額料金のみでなく、初期費用・その他費用(端末送料等)・割引などを足し引きして、使用期間中に掛かる全ての費用を出し、それを最低利用期間で割った、

実際にポケットWi-Fiについて支払う、リアルなひと月あたりの費用となっています。

  事務手数料
機種代金・送料
(月額料金 × 最低利用期間)
キャッシュバック・割引  
最低利用期間(月)

※最低利用期間はプランの縛り・キャッシュバック縛り双方が解ける期間を考慮して最低利用期間としています

 

ワイモバイルの料金についてもこの方式で、実際の月額費用を計算しましたので、
以下早速比較の方をご覧下さい。

ワイモバイルの各プランと比較してみましょう

さていよいよワイモバイルの各プランと比較してみましょう。

 

ワイモバイルのプランは、基本的には2つですが、データ容量について重要なオプションがあり、これを考えると実質以下の3つのプランとなります。

(1)ひと月5GBプラン
(Pocket WiFiプラン2 ライト)

(2)ひと月7GBプラン
(Pocket WiFiプラン2)

(3)ひと月無制限プラン
(Pocket WiFiプラン2 アドバンスオプション)

以下1つ1つのプランをネクストモバイルと比較してみましょう。

ひと月5GBプラン
(Pocket WiFiプラン2 ライト)

 

まずは、Pocket WiFiプラン2 ライトです。

このプランはひと月に5GB使えるプランとなっており、月額料金は¥2,480、全費用を考慮に入れた実質月額費用は¥2,761となっています。

 

ネクストモバイルより¥124安いですが、ネックになるのがひと月あたり使えるデータ容量が5GBという点です。

 

5GBがちゃんと使えるデータ容量であれば、Pocket WiFiプラン2 ライトが買いと言う事になりますが、
ひと月に5GBというのはどれくらい使えるデータ容量なのでしょうか?

実は別記事にはなりますが、ネクストモバイルの20GBがどれくらい使えるデータ容量なのか?を検証しました。
 

この時の検証結果から、5GBがどれくらい使えるデータ容量かが類推出来ますので、以下見てみましょう。

 

5GBはどれくらい使える?

上記の記事では、ネット使用のメインとなる、サイト閲覧と動画鑑賞に分けてそれぞれについて検証してみました。
なお、アプリ使用もブラウザーを通して行いましたので、ネット使用のほとんどの部分を網羅出来たと思われます。

本稿では、あまり長いと読み疲れますので(汗)、サイト閲覧の検証についてご紹介し、
動画についてや検証方法など詳しい部分は、上記記事に譲りたいと思います。

 

サイト閲覧について

以下が自分自身1か月間実験して得ました、サイト閲覧における「1日平均の閲覧ページ数」に対する、そのペースでひと月サイト閲覧をした時の「1か月間の使用データ容量」の表になります。

 

閲覧ページ数とデータ量
閲覧ページ数/日 データ使用/月
50 2.3G
75 3.4G
100 4.5G
125 5.6G
150 6.8G
175 7.9G
200 9.0G
225 10.2G
250 11.3G

自分はひと月検証した結果、1日の平均閲覧ページ数が195.5ページ、その月にサイト閲覧で使ったデータ量は8.83Gでした。

皆さんも、もしよろしければ適当な2日を2,3日選んで、ブラウザーの閲覧履歴からその日見たサイトの数を数えてみてください。
その数から上記の表を見て頂くと、サイト閲覧でひと月あたりだいたい○○GBデータ容量を使うな、という事が分かるかと思います。

 

やはり大多数の方には?

なお、自分はブログ執筆やブログ関係の調べものなどで結構インターネットを使い、電車で移動中などもご多分に漏れずスマホ(ネクストモバイルからWi-Fi経由で使用)を見たりしています。

平均より多いと思われますが、そこまで極端に多くはない、10段階で7あたりでしょうか? その自分でサイト閲覧のみで月8.83GBです。

 

ここから見ると、Pocket WiFiプラン2 ライト(5GB)ですと、その自分の使用量の56%しか使えない事になり、
サイト閲覧のみを考えても大多数の方は、データ容量がひと月持たない事が予想されます。

 

最終的には個々人の使用量の問題ですので、ぜひご自身のブラウザーの閲覧履歴と上記の表を見比べて頂ければと思いますが、
¥124安いだけでこのプランを選ぶのは、大多数の一般的なネットの使用量の方には、ちょっと厳しいと言う結果になると思われます。

(2)ひと月7GBプラン
(Pocket WiFiプラン2)

続いてPocket WiFiプラン2(7GB)とネクストモバイルの比較です。
Pocket WiFiプラン2(7GB)は月額料金¥3,696、実月額費用¥4,074となっています。

 

早速料金面とデータ容量面でネクストモバイルと比較すると、以下の様になります。
なお数字は、上段が実月額費用、下段がひと月に使えるデータ容量となっています。

 

この様に、ネクストモバイルの方が実月額費用が安く、使えるデータ容量も多くなっており、
Pocket WiFiプラン2を考えていた方にとってはちょっと我に返る様な内容となっています。

 

Pocket WiFiプラン2(7GB)の方が、料金は¥1,189高く、データ容量は約1/3倍と少ない、という事で、
使えるデータ容量を基準にしても、 料金を基準にしても、共にPocket WiFiプラン2 ライトを選択する意味が無い状態です。

Pocket WiFiプラン2(7GB)についても、ネクストモバイルに凱歌が上がったと見ていいでしょう。

(3)ひと月無制限プラン
(Pocket WiFiプラン2 アドバンスオプション)

前述のPocket WiFiプラン2ですが、¥684プラスして実月額費用¥4,758支払い、アドバンスオプションと言うものを付けると、
電波モードとして、「標準モード」に加え「アドバンスモード」というモードが使えるようになります。
(端末で簡単に切替え可能)

 

「標準モード」ですとやはり月間7GBしか使えないのですか、
「アドバンスモード」に切り替えると、なんとひと月で使えるデータ容量の縛りが無くなり、無制限で使えるようになります。

 

2連敗のワイモバイルに一筋光が差し込んだ形になりますが、早速比較してみましょう

ご覧の取り、データ容量は大差でワイモバイルが勝ち、料金はこれも大差をつけてネクストモバイルの勝ちとなりました。

 

この結果を総合すると以下の様になります。

一般的な範囲の使い方の方

ちゃんと使えるポケットWi-Fi中最安
ネクストモバイル 20GBプラン
(※)月10GB以上使える中で最安

 

動画を見る量が、毎日平均1時間以上2時間半まで位の方

30GB以上使えるポケットWi-Fiで最安の
ネクストモバイル 30GBプラン

 

毎日動画を2時間半以上見る、又はかなりネットゲームをする方

料金的には¥4,758と¥2,000近く高くなるがデータ容量無制限で使える
Pocket WiFiプラン2(アドバンスオプション付き)

となります。
なお、ネクストモバイル30GBの判断基準は、本稿では文章量の関係で省いた動画の視聴量の部分の実験によります。

考え方としては、

『1番エライのは料金が安い事! でも自分のネットの使用量が追い付かない場合、自分に合う最低限のデータ容量の物をえらびましょう』

というところになります。

 

なお、Pocket WiFiプラン2 ライト(5GB)の部分でもお伝えしましたが、10段階で7番目ぐらいにはデータ量を使っていると思われる自分でも、
月間20GBを今のところ使い切った月がありませんので、20GBというのはなかなかの大容量です。

ちょっと迷うなあと言う方は、以下の記事にておおまかな月間のデータ使用量の目安をが分かる感じになっていますので、
試しにご覧になってみて下さい。

料金・データ容量の比較でした!

以上裏技ネクストモバイルの「料金」「データ容量」についてご紹介させて頂きました。

 

特に「料金」の安さに非常な特徴を持っているポケットWi-Fiですので、「名前が知られていないのは特にどうでもいい」という方の中には気に入って頂いた方も多いのではないでしょうか?

料金が1番気になるので、ネクストモバイルちょっと見てみたいなあ、という方は公式ホームページでチャットの質問なども出来ますので、
ぜにご覧になってみて下さい。

 
 

少し長くなりましたので、ここまでを前編とさせて頂き、
続いて「つながり易さ」「回線速度」についてご覧頂ければと思います。

ひと息ついて、ご覧下さい!