Y!mobileのポケットWi-Fi料金が、月額¥2,885で使える裏技?! 【性能チェック編】

前編の【ガチ比較編】にて、ワイモバイルを格安で使う裏技として、ネクストモバイルというポケットWi-Fiをご紹介してきました。

 

こちらの記事を最初に見た方は、ネクストモバイルと言われてもポカーンとなるかと思われますが、
ワイモバイル同様ソフトバンクグループの電波・インフラを使いながら、月額費用¥2,885と超格安で使える、使える容量を持つ中で最安のポケットWi-Fi(※)です。

(※)使える容量を持つポケットWi-Fi:月間15GB以上のポケットWi-Fiとさせて頂きました

 

前編の【ガチ比較編】で料金・データ容量についてご紹介しましたが、安かろう悪かろうでは意味がありませんので、今回はネクストモバイルの性能について見ていきたいと思います。

NEXTmobileの性能を検証

文章でソフトバンクだから大丈夫大丈夫と言っても、なかなか不安は拭いきれないところです。

そこで『電波の良さ』の2大要素である「つながり易さ」「回線速度」について、検証していきたいと思います。

 

実は自分自身ポケットWi-Fiを選ぶにあたって調べに調べたところ、「つながり易い」「(1番)安い」ネクストモバイルを見つけ、無性に欲しくなり契約してしまいました。

と言うことで、何を隠そう自分でネクストモバイルの端末を持っていますので、
今回はカタログの数字などでなく自分の端末を使って『実際に』検証したいと思います。

NEXTmobileはつながり易い?

まずはネクストモバイルの電波のつながり易さについて見てみましょう。
全国的に繋がりやすい(エリア)」「電波が悪い場所(室内・地下)でもつながる」双方について見て頂きたいと思います。

まずはエリアから

まずは、ネクストモバイルが使えるエリアについて簡単にご確認頂ければと思います。
これについては同時に、ネクストモバイルが本当にソフトバンクの電波を使っているのかも、再度ご確認頂けるかと思います。

 

ネクストモバイルの公式サイトのエリア確認ページを見てみると、以下のページが現れます。

 

これを見て頂くと、見出し中や文中に「ソフトバンク回線」の文字があり、ソフトバンクの電波を使っている事が分かります。

 

更にエリアの広さとしては、白い4角形ゾーンに「つながりやすさNo.1」に続いて、「人口カバー率99%」の文字が見えます。
全国の人間が住んでいる地域の99%において電波がつながりますので、ほぼ日本全国で繋がりやすさを期待できると言っていいでしょう。

 

具体的に自分が住んでいる場所がエリア内かどうかは、このページの下部に「エリアを確認する」のボタンがありますが、
ネクストモバイルの電波=ソフトバンクの電波と言う事もあり、このボタンを押すとソフトバンクのエリア紹介ページへ飛ぶようになっています。

 

参考までに、全国のエリアマップは以下の様になります。
各エリアのマップを切り貼りしたので、だいぶ大まかですが、皆さんの住んでいる地区も赤くエリア付けされているのではないでしょうか?

 

電波が悪い所でつながる?

エリアが全国に渡っているのは分かりましたが、エリア内でも、電波が入りにくい場所でネクストモバイルがつながるのでしょうか?

 

こちらはいよいよ自分の端末を使って実験していきたいと思います。

実際の実験結果につきまして、全てここでご紹介したい所ですが、紙面の関係もありますので、詳しくは以下の記事に譲り、

 

本稿では、電波が悪い場所でも代表的な(1)入り組んだ場所にあるマンションの室内
(2)地下街、についてて見て頂き、ネクストモバイルの電波の浸透力をご確認いただければと思います。

 

まずは(1)入り組んだ場所にあるマンションの室内から行きましょう。

入り組んだ場所にあるマンション

電波状況

恥ずかしながらこちら自分の自宅マンションになります。
自分が住んでいるマンションは、窓から見える景色の8割が隣のマンションという、電波状況がかなり厳しい環境にあります。
他社のポケットWi-Fiでほぼ全く電波が入らなかった実績がある部屋ですが、部屋内のどこへ行っても全てのアンテナが立っていました

 

地下街

電波状況

こちら地下2階ながら電波の受信状況はバッチリで、全てのアンテナが立っていました
フロア内各所で試してみましたが、全ての場所で全アンテナが立っていたので、地下でも全く影響無く使って頂けるでしょう。

 
 

 

NEXTmobileは速い?

次にネクストモバイルの回線スピードを見てみましょう。

 

これについても、自分の端末で実際に測ったものをご覧頂きたいと思います。
計測場所につきましては、電波のつながり易さを検証した場所にて同時に行いました。

電波状況の悪い場所での計測ですので、「最低限この速度はOK」という最低ラインをご提示できるかと思います。

 
 

なお、ここでも紙面の関係から、詳しくはこちらの特集記事に譲り、

ここでは、(1)入り組んだ場所にあるマンションの室内 (2)地下での計測結果をご紹介したいと思います。

 

(1)入り組んだ場所にあるマンションの室内

まずは(1)入り組んだ場所にあるマンションの室内 から見ていきたいと思います。
実験場所は再び、マトモに外が見えるの2割だけの自分の自宅マンションとなります。

午前:10時

昼:12時

午後:3時

夕方:18時

夜:21時

深夜: 0時

速度

この様に、8割は隣のマンションがベルリンの壁の如く圧迫感いっぱいにそびえている自分のマンションにあって、概ね30Mbps以上のスピードが出ています。

駅から多少離れていて、他のユーザーと電波の共有が少ないという事もあるかと思いますが、光ファイバーの実測スピードに匹敵する速度が出ました。
これだけの速度が出れば、現状のインターネットのコンテンツは全て滞り無く表示・再生出来ます

 

使用感

実際自分で自宅でネクストモバイルを使用していると、1080p(Blu-ray同等の画質)でも一切途切れるず、快適に再生出来ます。

また流行りにつられて買ったVRスコープを使い、YouTubeで360°VR動画を1080pで再生しましたが、バッチリスムーズに再生してくれました。

ジェットコースターの動画など、富士急ハイランドからフロリダのユニバーサル・スタジオのものまで、没入感100%で見ることが出来ましたが、コレはスゴかったです!

 

(2)地下

つづいて地下での回線スピードを測ってみました。
電波はバッチリつながっていましたが、速度の方は大丈夫でしょうか?

 

地下街

速度

周囲にスマホを使っている方も多いと思われる中でしたが、回線速度は21Mでした。
自宅使用より多少速度が落ちましたが、これも高精細動画の再生を余裕を持って出来るスピードとなっています。。

 

使用感

サイト閲覧については、クリック反応も良くどのサイトもサクサク読み込んでくれました。
動画サイトも少し見てみましたが、一切途切れることなく終始快適に再生してくれました。

 
 
 
 

各所でネクストモバイルの速度を測ってみましたが、
どの場所でも、Blu-rayレベルの高精細動画の再生に必要な7Gbpsの3〜5倍程度上回り、
速度についても、文句無しの結果になったかと思われます。

使用感においても、サイト閲覧から動画再生に至るまで、スムーズに行う事が出来、
各所で快適にインターネットを使う事が出来ました。

NEXTmobileは、性能的にも快適につかえました!

以上ネクストモバイルの性能面についてご覧頂きました。

 

ソフトバンクグループの電波・インフラを使っていますので、
「つながり易さ」「速度」共に申し分ない結果となったかと思われます。

 

特に電波のつながりは素晴らしく、今まで色々な所で使用しましたが、電波が入らなかったのは、上越新幹線の山をくり抜いたトンネルの中のみです。
(詳細は以下の記事をご覧ください)

その他の場所では、ほぼ全アンテナが立っていた状態で、使用感もバッチリでした。

 

速度についても、回線スピードの値としては、他にもっと早い回線はありますが、
ネクストモバイルは、高精細動画も今まで一度も途切れた経験がありませんので、
いざ使い出して、使用感としてはストレスを感じる事無く快適に使って頂けるかと思います。

 
 

改めて比較してみると、通す会社が違うだけで段違いに格安になり、自分自身裏技の方を取った身としては、ニヤニヤ笑いと、してやったり感が止まらない部分があります。

 

名前がほとんど通らない所が悲しいですが(汗)
そのあたりの、ネームバリュー的な部分にこだわりのない方には是非おすすめしたいポケットWi-Fiです。

ちょこっと気になるかなと言う方は、チャットで気軽に質問も出来ますので、公式ホームページものぞいてみて下さい。

 

 
 

それでは皆さんの快適なインターネットライフをお祈りしています!

 

 

ネクストモバイル関連記事

性能について

【電波のつながり易さ】

【速度】

【データ容量】

【端末】

料金やプラン、契約事務等について

【料金プラン】

【キャンペーン・キャッシュバック】

【事務手続き関連】

レビュー・口コミ

【口コミ・評価】

他社比較

【vs WiMAX】

【vs Y!mobile(ワイモバイル)】

【vs Softbank】

【vs au】

【vs docomo】