【ホームルーター×無制限】おすすめはNo.1はダントツでコレ!【全43種類を比較】

無制限ホームルーター-TOP

コンセントを挿すだけでネットに繋がるという事で、人気上昇中のホームルーターですが、
 
今回は特に、全部で43種類もある『無制限のホームルーター』について、以下の3大要素

  • ① 料金
  • ② 電波の繋がり易さ
  • ③ 速度

について検証し、最終的に「1番のおすすめ無制限ホームルーター」を探っていきたいと思います。

無制限ホームルーター1番のおすすめはコチラ

「時間もないのでまず結論教えて!」という方のために、まず検証の結果からご紹介しておきましょう。

【総合評価】

性能面が、電波はSoftBank Air・速度は同等といった中、
実月額料金¥2,762と唯一¥2,000台を記録し最安となった、以下のルーターがおすすめとなりました。

SoftBank Air系の
モバレコAir(端末レンタルプラン)
です。

モバレコAir
数ある○○WiMAXと同様、SoftBank Airのうちグッドラック社が販売しているのがモバレコAirとなります。

(物としては、端末・電波共にSoftbank Airです)

① 料金

実月額料金(月額料金・初期費用・割引等を全て考慮したもの)を比較した所、
2位に月間¥600以上の大差を付けて、ソフトバンクエアー系の、
モバレコAir(端末レンタルプラン)が¥2,762で最安でした
(2020年7月限定キャンペーン適用)

【実月額料金】
月額料金だけでなく、初期費用・総割引額など、全費用項目を計算して出した、トータル費用のひと月分
② 電波の繋がり易さ

全43種類のホームルーター、実は大きく分けると以下の2つのみになりますが、

  •  1  WiMAXホームルーター
  •  2  SoftBank Air

電波のつながりやすさを検証したところSoftbank Airが繋がり易くなっていました

③ 速度

WiMAX系・SoftBank系共に、実測速度が約25Mbpsで同等となっていました。

簡単に解説です

実はホームルーターは、モノとしてはWiMAX・Softbank Airの2つしかありません
 
これを合計43社の販売代理店が、独自のブランド名+独自のキャッシュバック・割引企画を乗せて販売している形となります。
(Softbank Airは独自ブランド名はモバレコAirのみ)

  •  1  WiMAXのホームルーター:25社
    (BroadWiMAX・とくとくBB WiMAX 他)
  •  2  SoftBank Air:18社
    (各販売代理店からのSoftBank Air・モバレコAir)

このため、性能的には2種類・料金的には43種類の比較となりました。

この結果、性能面については「電波の繋がり:Softbank Air・速度:WiMAX・SoftBankAir共に同等」となりつつ、
 
料金的には大差を付けて最安となったモバレコAir(端末レンタルプラン)がおすすめとなりました。
 

《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》
《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》

料金の安さを徹底比較!
【無制限ホームルーター】

まずは正直あまり名前が通っている気がしないモバレコAirがおすすめとブチ上げてしまいましたが、
ここからは、これが果たして本当なのかをデータを基にご紹介して行きたいと思います。
 
まずは1番気になる料金について見ていきましょう。

実月額料金の安さをランキングにしました

早速パパっと比べていきたい所ですが、通信業界では販売代理店が行うキャッシュバックや割引の比率が大きく
月額料金だけではリアルに支払うオカネを比較出来ません。

実月額料金で比較

そこで今回月額料金に加え、初期費用やキャッシュバックなどを考慮して総費用を計算、
それを分かりやすくひと月分に割った、実月額料金で比較しました。
 
ブラックボックスになりがちな計算式としては、以下の形となります。

  契約事務手数料
工事費
(月額料金 × 最低利用期間)
キャッシュバック・割引  
最低利用期間

この実月額料金を安い方からランキング表にすると以下の形となりました。

《見切れている部分は、縦・横ともスクロール可能です》

モバイルWifi名実月額費用 月額料金初期費用割引総額契約期間
事務手数料端末代金
モバレコ AIR
(レンタル①)
¥2,762 ¥4,880¥3,000¥0¥53,83224
2とくとくBB WiMAX¥3,435 ¥4,227¥3,000¥0¥31,50036
3クラウドモバイル¥3,448 ¥3,642¥3,000¥0¥10,00036
4JP WiMAX¥3,448 ¥3,642¥3,000¥0¥10,00036
5モバレコ AIR
(買取②)
¥3,534 ¥4,880¥3,000¥0¥67,61248
6モバレコ AIR
(買取①)
¥3,576 ¥4,880¥3,000¥0¥65,59248
7DTI WiMAX¥3,602 ¥3,519¥3,000¥0¥036
8BROAD WiMAX¥3,656 ¥3,573¥3,000¥0¥036
9smafi WiMAX¥3,673 ¥3,590¥3,000¥0¥036
10hi-ho WiMAX¥3,752 ¥3,669¥3,000¥0¥036
 モバイルWifi名実月額費用 月額料金初期費用割引総額契約期間
事務手数料端末代金
11カシモWiMAX¥3,768 ¥3,685¥3,000¥0¥036
12モバレコ AIR
(レンタル②)
¥3,845 ¥4,880¥3,000¥0¥27,85224
13Softbank Air
(エージェント)
¥3,943 ¥4,880¥3,000¥0¥47,96048
14Softbank Air
(エフプレーン)
¥3,943 ¥4,880¥3,000¥0¥47,96048
15Softbank Air
(ライフサポート)
¥3,943 ¥4,880¥3,000¥0¥47,96048
16Softbank Air
(ACE)
¥3,960 ¥4,880¥3,000¥0¥47,16048
17novas WiMAX¥3,996 ¥3,913¥3,000¥0¥036
18Asahiネット¥4,016 ¥3,933¥3,000¥0¥036
19Softbank Air
(アウンカンパニー)
¥4,048 ¥4,880¥3,000¥0¥42,96048
20Softbank Air
(N’sカンパニー)
¥4,048 ¥4,880¥3,000¥0¥42,96048
 モバイルWifi名実月額費用 月額料金初期費用割引総額契約期間
事務手数料端末代金
21Softbank Air
(NEXT)
¥4,048 ¥4,880¥3,000¥0¥42,96048
22Softbank Air
(ポケットモバイル)
¥4,048 ¥4,880¥3,000¥0¥42,96048
23Drive WiMAX¥4,098 ¥4,015¥3,000¥0¥036
24Softbank Air
(ポケットモバイル)
¥4,113 ¥4,880¥3,000¥0¥39,81248
25Softbank Air
(Yahoo!BB)
¥4,152 ¥4,880¥3,000¥0¥37,96048
26ソネットモバイルWiMAX¥4,179 ¥4,096¥3,000¥0¥036
27Softbank Air
(ブロードバンドナビ)
¥4,214 ¥4,880¥3,000¥0¥34,96048
28Softbank Air
(ポケットモバイル)
¥4,217 ¥4,880¥3,000¥0¥34,81248
29Softbank Air
(ポケットモバイル)
¥4,256 ¥4,880¥3,000¥0¥32,96048
30Softbank Air
(Wiz)
¥4,256 ¥4,880¥3,000¥0¥32,96048
 モバイルWifi名実月額費用 月額料金初期費用割引総額契約期間
事務手数料端末代金
31PC Depot WiMAX¥4,303 ¥4,220¥3,000¥0¥036
32Softbank Air
(ブロードバンドナビ)
¥4,318 ¥4,880¥3,000¥0¥29,96048
33BIGLOBE WiMAX¥4,319 ¥3,980¥3,000¥19,200¥10,00036
34Softbank Air
(Yahoo!BB)
¥4,360 ¥4,880¥3,000¥0¥27,96048
35advent WiMAX¥4,363 ¥4,280¥3,000¥0¥036
36bic WiMAX¥4,380 ¥3,880¥3,000¥15,000¥036
37KT WiMAX¥4,380 ¥3,880¥3,000¥15,000¥036
38DISM WiMAX¥4,380 ¥3,880¥3,000¥15,000¥036
39YAMADA air mobile¥4,383 ¥3,880¥3,100¥15,000¥036
40クオルネットWiMAX¥4,422 ¥3,880¥3,000¥16,500¥036
 モバイルWifi名実月額費用 月額料金初期費用割引総額契約期間
事務手数料端末代金
41j:com WiMAX¥4,504 ¥4,379¥3,000¥0¥024
42UQ WiMAX¥4,505 ¥3,880¥3,000¥15,000¥3,00024
43Softbank Air
(Wiz)
¥4,607 ¥4,880¥3,000¥0¥16,09548
44Softbank Air
(ギガメディア)
¥4,673 ¥4,880¥3,000¥0¥12,96048
45Softbank Air
(ギガメディア)
¥4,673 ¥4,880¥3,000¥0¥12,96048
46Softbank Air
(STORY)
¥4,673 ¥4,880¥3,000¥0¥12,96048
47Softbank Air
(Softbank公式)
¥4,673 ¥4,880¥3,000¥0¥12,96048
48ワイヤレスゲートWiMAX¥4,810 ¥4,268¥3,000¥16,500¥036
49Softbank Air
(LifeBank)
¥4,943 ¥4,880¥3,000¥0¥048
50@nifty WiMAX¥4,972 ¥4,312¥3,762¥20,000¥036
 モバイルWifi名実月額費用 月額料金初期費用割引総額契約期間
事務手数料端末代金
51Softbank Air
(ブロードバンドナビ)
¥5,033 ¥4,880¥3,000¥0-¥4,32048
52Softbank Air
(アイティーエム)
¥5,410 ¥4,880¥3,000¥0-¥22,44048
53Softbank Air
(Yahoo!BB)
¥5,433 ¥4,880¥3,000¥23,520¥048
54au(HOMEタイプ)¥6,173 ¥4,880¥3,000¥28,020¥024

モバレコAirが大差で最安値となりました

この様に、一瞬計算間違いを疑う程の差を付けて、モバレコAirが実月額料金ランキング1位となりました。
 
無制限で¥2,000台を実現しているのは、モバレコAir(端末レンタルプラン)のみですので、非常におすすめです
 

《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》
《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》

 
なお、モバレコAirにはキャンペーンの種類が2つあり、サイトも分かれています。

そのうち、キャッシュバック額が¥2,020低いキャンペーン①の、端末レンタルプランがダントツのランキング1位となりました。

キャンペーン①のレンタルプランが1位の理由

キャッシュバック額が¥2,020低いにも関わらず、ダントツに安いというのは不可解ですが、
簡単に理由をご紹介すると、以下の3つのポイントによります。

(1) レンタルプランは料金が高い期間を避けられる

端末買取プランは、端末の分割払いのため48ヵ月縛りだが、月額料金割引が24か月までのため25ヵ月目以降¥4,800と高くなる

端末レンタルプランは24ヶ月で終われるため、月額料金が高い状態で使う必要が無い

 

(2) レンタルプランなのにキャッシュバックが貰える

他のSoftBank AirやモバレコAirキャンペーン②は、キャッシュバックは端末買い取りプランのみでレンタルプランは対象外

キャンペーン①のみレンタルプランでも¥25,980貰える

 

(3) モバレコAirは月額料金の大幅割引あり

他のSoftBank Airはキャッシュバックのみ

モバレコAirはキャッシュバックに加え、「モバレコAir限定月額キャンペーン」による月額料金の大幅な割引(総額¥39,612)もある

この3つにより、モバレコAirは度を越したと言っていい程の実月額料金の安さを実現しています。

 

ここで「ちょっとザックリし過ぎて納得がなあ」という方のために、以下理由(1)〜(3)を詳しく見てみましょう。

(1) レンタルプランは料金が格安な期間だけでOK

まずは(1)の「レンタルプランは料金が格安な期間だけでOK」について見てみましょう。
 
ネット回線の月額料金はWiMAXもSoftBank Airも含め、
最初は月額料金が割り引かれるものの、契約期間後半は割引が無く、高めの月額料金が直撃する、という形が多くなっています。
 
具体的には、モバレコAirでは「月額料金−モバレコ限定月額割引」が以下の様に移り変わります

①大幅に割引がある期間

【1ヶ月目〜2ヶ月目】
割引適用後:¥1,970
     ↓

②程々に割引ある期間

【3ヶ月目〜24ヶ月目】
割引適用後:¥3,344
     ↓

③全く割引が無い期間

【25ヶ月目〜48ヶ月目】
割引適用後:¥4,800
 
(※端末代金割引は含まず)

ここで、SoftBank Airに詳しい方からは「契約期間は24ヶ月でしょ」とツッコミが入りそうですが、
実は以下の形で、実質48ヶ月縛りとなります。

SoftBank Airの実質最低利用期間

SoftBank Airの基本である「端末買い取りプラン」では、
端末を36回の分割払いしつつ、各月の分割払い代金と同額の端末代金割引をして相殺するという形を取っています。

このため24ヶ月で解約すると、解約違約金は無いものの、端末代金の残債¥21,450を一気に支払う必要が出て来てしまいます。

このため契約期間24ヶ月をもう1回転させる必要があり、48ヶ月が実質の最低利用期間となります。

レンタルなら24ヶ月でOK!

ここで、おすすめのモバレコAirの端末レンタルプランですが、
レンタルの場合分割払いは関係ありませんので24ヶ月終了時点での残債がありません。
 
このため、24ヶ月時点で契約を完了する事が可能です。
 
今一度支払額の推移を見ると、

①大幅に割引がある期間

【1ヶ月目〜2ヶ月目】
割引適用後:¥1,970
     ↓

②程々に割引ある期間

【3ヶ月目〜24ヶ月目】
割引適用後:¥3,344
 
《レンタルプランはここまででOK》

《ここから、レンタルプランでは関係無し》
 

③全く割引が無い期間

【25ヶ月目〜48ヶ月目】
割引適用後:¥4,800
 
(※端末代金割引は含まず)

この様に、レンタルプランの場合¥1,970・¥3,344でのみ使えば良く、ひときわ高い料金で25ヶ月〜48ヶ月の長期間を使う必要がありません。

レンタルプランは、上記にレンタル代が+¥490掛かるものの、
 
¥5,000近くする、後半24ヶ月を全部バッサリカット出来るため、
差し引きで、モバレコAir(端末レンタルプラン)は格段に安くなっています。
 

《実際は上記にキャッシュバックがあるため平均¥2,762/月となります
《実際は上記にキャッシュバックがあるため平均¥2,762/月となります

(2) キャンペーン①はレンタルプラン契約でもキャッシュバック

(1)の様に非常にオトクなレンタルプランですが、残念ながらウマい話は無く、
 
SoftBank Airではレンタルプラン契約ではキャッシュバックが受け取れません
(16ある他の販売代理店・SoftBank本体全て)

グッドラックが販売代理店となるSoftBank Air=モバレコAirでも、
 
2つある販売キャンペーンのうち、キャンペーン②(キャッシュバック¥28,000)では、
レンタルプラン契約でのキャッシュバックはありません

しかしキャンペーン①では、料金プランの案内ページでもハッキリと、
端末レンタルでも¥25,980のキャッシュバックがある事が記載されています。

特にキャンペーン①は2020年7月限定キャンペーンという性格もあってか、
レンタルプランで唯一、キャッシュバックOKとなっています。

《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》
《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》

(3) モバレコAir限定月額キャンペーンで更に安い!

最後に理由その(3)

他のSoftBank Airはキャッシュバックのみなのに対し、
モバレコAirはキャッシュバックに加え、「モバレコAir限定月額キャンペーン」による月額料金の割引もある

についてです。

他の販売代理店ではキャッシュバックのみ

まずキャッシュバック施策の全体的な状況ですが、
モバレコAir以外のSoftBank Airの販売代理店(SoftBank本体含む)では、全申込者に適用される割引は、

  1. 各販売代理店発のキャッシュバック
  2. Softbank本体からの割引であるSoftBank Airスタート割(全代理店で適用・端末買取プランのみ)

の2つのみとなっています。
(端末代金割引の様な、形だけの割引は除く)

モバレコAirではブラスの割引あり

モバレコAirでは¥25,980(キャンペーン①)もしくは¥28,000(キャンペーン②)のキャッシュバックに加え、
モバレコAir限定月額キャンペーン割引が以下の額入ります。

端末レンタルプランの場合

割引総額:¥39,612
(月額:¥1,536~¥2,910)
 

端末買取プランの場合

割引総額:¥26,652
(月額:¥456~¥1,830)

この様に「モバレコAir限定月額キャンペーン割引」は、キャッシュバックがもう1つあるレベルの割引額となっており、
 
このたモバレコAirでは、他社のSoftBank Airに比べ大幅に割引総額が大きくなっています。

無制限ホームルーター料金比較まとめ

以上無制限ホームルーターの料金について比較してきましたが、
 
3つのポイントにより、キャンペーン①のモバレコAir(端末レンタルプラン)が、“実際に支払う料金”がランキング1位の安さという結果となりました。

キャンペーン①のモバレコAir(端末レンタルプラン)の実質月額料金¥2,762は、
 
実は最安の無制限モバイルWiFiルーターを考慮に入れても、ダントツの安さとなっており、
全WiFiルーターの中でも最もおすすめであると言っても良いでしょう。

《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》
《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》

電波の繋がり易さの比較
【無制限ホームルーター】

続いて、性能面で1番大事な「電波の繋がり易さ」について見てみましょう。

ホームルーターは全43種類ですが、販売店の違い(=料金の違い)はあるものの、実際のシステム・事業の運営者としては以下の2社のみです。

  • ① WiMAXのホームルーター
  • ② SoftBank Air

そこで、電波の繋がり易さについては、この2社について比較をしてみたいと思います。

エリアの比較
【WiMAX vs SoftBank Air】

今やどの通信キャリアも人口カバー率99%と、日本中どこでも繋がるかのようにうたっています。
 
しかし実際使うと、場所によってはプッツリ切れて、核戦争でも始まったのかと心配になる程圏外が続く事も少なくありません。
 
これは以下の理由によります。

エリア判定法は大甘?!

エリアマップは、日本全国を方眼紙の様に500m四方のグリッドに分解し、
 
各500m四方ごとに、ゾーンの半分以上で電波が入れば、、その500m四方はエリア内であるとみなすという方法で作成されています。

午前中断食すれば、午後は何をどれだけ食べても断食したと見なす断食道場の様なもので、
 
その道場生が、ラーメン二郎から帰ってきた如くの満足顔と土手っ腹を抱えて出てくる事必至な様に、
 
実際のエリアは「人口カバー率99%」からイメージするより、かなり狭くなっています。

ポイントは基地局の数です

それでは何を信用すれば良いんだいという話ですが、それが基地局の数になります。

基地局

基地局は、ホームルーターやスマホなどと、電波をやり取りする機器になります。
 
基地局は最終的に世界のインターネット網に繋がって行きますので、基地局はインターネットへの窓口の様な設備となります。
 
この基地局の周辺=電波が繋がる場所ですので、
基地局の数は、エリアマップの「各500m四方内で繋がる割合の大きさ」を表す重要な情報となります。

WiMAXとSoftBankの基地局の数はコチラ

エリアを測る基地局の数ですが、総務省が調べた調査の各キャリアの周波数ごとの基地局数(PDF)が以下になります。
(表自体が大きいため潰れましたが、拡大すると判別可能です)
 

SoftBankが約40,000台多くなっていました

表を見ると、WiMAXを運営しているUQコミュニケーションズの基地局数は63,500台となっています。
 
これに対しSoftBank Air、合計の126,500台を見たくなりますが、
 
実は最新端末エアターミナル4でも、SoftBankのLTE/4Gで対応しているのは2.1GHz帯のみで、他の電波は受信出来ません。
ですので2.1GHzのみの台数を見ると、39,300台となります。

しかしややこしいですが、表中のSoftBankの下に記載されているWireless City Planning社というのが、
ご存知の方は懐かしいEmobileの運営会社で、今はSoftBankグループとなっています。
 
SoftBank AirはこのWireless City Planningの63,000の基地局をSoftBank Air向けに使っていますので、
 
これを合計してSoftBank Airは102,300台の基地局で運営されている事になります。

という事で、結論はWiMAXの63,500台に対しSoftBank Airの102,300台と、SoftBank Air系が大幅に上回りました


自分自身実体験でも、期待満杯で申込んだWiMAXが玄関から10cmの部分でしか繋がらなかったのに対し、

SoftBank Airは部屋奥の台の上でもバッチリ繋がりましたが、
やはり電波については、圧倒的にSoftBank Airが繋がると言って良いでしょう。
 

《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》
《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》

速度についての比較
【WiMAX vs SoftBank Air】

速度

続いてWiMAX回線とSoftBank Air回線の速度を比較してみましょう。
 
なお通信速度について、カタログ上の速度を紹介しているサイトもありますが、
ネット回線については、実際に使った時の速度と差が激しく、ほとんど参考になりません
 
そこでこれについては、既にWiMAX・SoftBank Airを使っているユーザーが実際に測ったスピードを基に見てみましょう。

実測速度の比較

なかなか数字を探りにくい実測速度ですが、ユーザーによる速度計測 & 計測結果の閲覧が出来るサイト、「みんなのネット回線速度」の計測結果を基に見てみましょう
 
以下WiMAXの最新端末「WiMAX HOME 02」と、SoftBank Airの速度比較になります

WiMAX HOME 02

測定件数: 313件
平均Ping値: 67.91ms
下り平均速度: 25.07Mbps
上り平均速度: 3.14Mbps
 

SoftBank Air

測定件数: 43873件
平均Ping値: 52.14ms
下り平均速度: 25.97Mbps
上り平均速度: 4.58Mbps

速度はほぼ同等でした

契約数の差か、測定件数に開きがありますが、
WiMAXの300件オーバーも、他の回線に比べると十分な測定件数ですので、比較対象として良いでしょう。
 
これを見ると、WiMAX・SoftBank Air共に25Mbps台となっており、
もう少しズレてくれた方がリアリティーが… と思う程に同様の速度でした。

この様に、計測の結果双方とも25Mbpsと、ほぼ一致したと言っていい程の結果となりました。
 
速度については、両者は同等であると言って良いでしょう。

Ping値について

なお、計測結果にある「Ping値」という指標が気になりますが、これは簡単に言えばクリックしてからの反応速度になります。

Ping値

Ping値は①〜④までに掛かる「反応時間(単位:ms=1/1000)」を測ったもので、「回線の反応速度」を比較する指標になります。

①ユーザーがサイトやオンラインゲーム上で、クリックやタップを行う
   ↓
②その情報が、回線を伝いサイト・ゲーム等を管理するサーバーに到着
   ↓
③サーバーが、クリック・タップ等の内容に合った情報を回線へ返信
   ↓
④ユーザーの端末が、サーバーからの情報を表示し始める

このPing値、現代では、実はどんなインターネット回線でも、
一般サイトや動画サイトを見る上では、特に問題ある値が出てくる事はありません。
 
しかし、一瞬の反応が勝敗を分けるネットゲームにおいては、回線によってはまだ不十分な数字となっています。
 
特に反応の良さが求められるシューティングゲーム系のネットゲームでは、以下の値が求められます。

 Ping値
 非常に高速 0~15ms
高速 16~30ms
普通31~60ms
低速61~99ms
非常に低速100ms~

これを見ると、WiMAXの67ms・SoftBank Airの52ms共に「普通」レベルで、シューティング系のネットゲームには厳しいと言えるでしょう。

なお、ネットゲームでも反応速度を特段必要としないものは、気にする必要はありません
(あつ森・マインクラフトなど“作る”ゲーム、RPG・アドベンチャーゲームなど)
 
また、ソフトをダウンロードして行うゲームについては、プレイ自体にネット回線は関係ありませんので、
 
シューティング系でもダウンロードして行うものはWiMAX・SoftBank Airでもプレイ可能です。

無制限ホームルーターの比較
【まとめ】

以上、「無制限ホームルーターのおすすめはどれか?」という事で、
 
全43種類のホームルーターについて、①料金、②電波の繋がり易さ、③速度、について比較を行って来ました。
 
結果をまとめると、以下の形となります。

① 料金

実月額料金(月額料金・初期費用・割引等を全て考慮したもの)を比較した所、ソフトバンクエアー系の、
モバレコAir(端末レンタルプラン)が最安でした
(2020年7月限定キャンペーン適用)

モバレコAir
数ある○○WiMAXと同様、SoftBank Airのうちグッドラック社が販売しているのがモバレコAirとなります。

(物としては、端末・使用電波共にSoftbank Airです)

② 電波の繋がり易さ

全43種類のホームルーター、実は大きく分けると以下の2つのみになりますが、

  •  1  WiMAXホームルーター
  •  2  SoftBank Air

電波のつながりやすさを検証したところSoftbank Airが繋がり易くなっていました

③ 速度

WiMAX系・SoftBank系共に、実測速度が約25Mbpsで同等となっていました。

 

【総合評価】

性能面が、電波はSoftBank Air・速度は同等といった中、実月額料金¥2,762と唯一¥2,000台を記録し最安となった、SoftBank Air系の
モバレコAir(端末レンタルプラン)
がおすすめです。

【実月額料金】
月額料金だけでなく、初期費用・総割引額など、全費用項目を計算して出した、トータル費用のひと月分

この様に、性能面で1歩先んじたSoftBank Air系のモバレコAirが料金的に圧倒的に有利となり、

飛び抜けたコストパフォーマンスで、1番のおすすめとなりました。
 

7月31日までのキャンペーン割引を含んでの結果ですので、
ちょっと気になるかもという方は、ぜひ公式キャンペーンサイトをのぞいて見てください!

《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》
《“縛り”もWiMAX36ヶ月・SoftBank Air実質48ヶ月に対し、モバレコAir端末レンタルは24ヶ月です》

 

 

それでは皆さんの快適なインターネット生活をお祈りしています!

 

2020年5月16日最安回線はどれ?

Posted by sleepingman