ネクストモバイルのエリアは?電波繋がらない?【実際に試してみました】

データ容量が20G以上の使えるモバイルWi-Fiルーターの中で、最安となっているネクストモバイルですが、
イマイチマイナーなキャリアですので、電波がどの位入るのか気になる所です。

 

そこで今回はネクストモバイルの電波が入るエリア、
また電波が入り難いと思われる状況での、電波の受信状況で実際にネクストモバイルのWi-Fiルーターを使って実験してみました。

NEXTmobileのエリアはカバー率99%以上!

ちょいマイナー気味なネクストモバイルですが、
エリアが人口カバー率が全国の99%以上と言ったら皆さん信じられるでしょうか?
ネクストモバイルの 公式ホームページで確認できますので見てみましょう

 

ホームページの下の方を見て頂くと、オレンジ色の矢印が示している部分がエリア確認ページへのリンクにっていますので、これをクリックします。
 

ネクストモバイルとNEXTmobileのエリア、電波が入る場所1

 

 

 

するとエリア確認のページに来ますが、オレンジ色の矢印の先の部分を見て頂くと、ハッキリ『カバー率99%以上』とアピールされています。
 

ネクストモバイルとNEXTmobileのエリア、電波が入る場所2
 

ネクストモバイルとNEXTmobileのエリア、電波が入る場所3

 

 

 

全国人口カバー率99%以上というと、ほとんどどこに居ても使えると言っても過言ではないですが、
具体的なマップを見たい方は、同じページを下へスクロールすると以下の様にオレンジ色の矢印の先に、エリアマップへのリンクがありますのでクリックしてみて下さい。
 

ネクストモバイルとNEXTmobileのエリア、電波が入る場所4

 

参考までに、全国のエリアマップは以下の様になります。
だいぶ大まかですが、皆さんの住んでいる地区も赤くエリア付けされているのではないでしょうか?
 


 

なぜネクストモバイルは99%以上を達成出来る?

しかし、なぜちょいマイナーなネクストモバイルが、お金の掛かりそうなインフラをここまで整備する事が出来たのでしょうか?

 

理由は、ネクストモバイルが実はソフトバンクの回線を利用している事によります。
先ほど引用したネクストモバイルのサイトの「人口カバー率99%以上」の部分の上に書かれていますが、
ネクストモバイルはソフトバンクの電波網を利用し、その結果全国の99%以上をカバー出来ているという訳です。
 

実はモバイルWi-Fiルーターの事を種々調べている内に、その料金の安さ・電波のつながり・回線スピードに、ネクストモバイルのルーターが欲しくなり、自分でも契約してしまったのですが、
実際持ち歩いて使っている中で、電波が入らなくなるどころか、実家周辺でアンテナが2本になったりした他は、アンテナが全部立つ事がほとんどという快適な使用状況となっています。
このあたり、やはり99%はダテじゃないといったところでしょうか?

【NEXTmobileはつながる?つながらない?】
電波が入り難いエリアでは大丈夫?!

さてエリア的には全国、人の行く所ならOKである事を確認しましたが、
昔から、マンション・ビル内や地下など、エリア内であっても電波の入り難い場所というものがありました。
こういった場所では、インターネット接続が切れたり、会話中なのに電波が途絶えて電話が切れる事もよくありましたが、ネクストモバイルの電波は大丈夫でしょうか?

 

しかし心配はご無用で、ネクストモバイルが使用している電波の中には、障害を乗り越えてつながりやすいプラチナバンド(900MHz)も含んでいるため、
一見電波のつながりの悪い場所でも電波が良好に受信でき、快適に使えるという特徴があります。

 

以下そういった難しい場所での実際の電波の受信状況はどうなのかを、同じく気になる回線スピードと共に検証してみましょう。
 

それでは計測に行きましょう!

それでは早速計測してみましょう。
電波のつながりが気になる場所としては、以下をセレクトしました。


①地下
②マンション・ビルの屋内
③新幹線の中
④繁華街(横浜、千葉、新潟)
⑤観光地(修善寺)

①地下 ②マンション・ビルの室内 については、障害物によって電波が入りにくくなっている場所の2大巨頭です。
③新幹線 は、高速で移動している事によって電波状況が厳しくなり、電話が切れると言えばまず連想される場所でしょう。
④繁華街 ⑤観光地 は他のユーザーが多い事により、電波状況は悪くなり通信速度も遅くなる傾向のあるシチュエーションです。

 

では以下実際検証してどうであったのか、ぜひご覧下さい。
 

① 地下街

まずは電波の敵、地下街です。
昔、階段を1歩降りるごとにアンテナが1本減ってくような携帯を持っていた事もありますが、
ネクストモバイルの電波はどうだったのでしょうか?
以下が検証結果です!

 

地下街

 

電波状況

スマホの方は恐縮ながら拡大して見て頂ければと思いますが、こちら地下2階ながら、電波の受信状況は良好でアンテナも全部立っていました。
こちらデパ地下ですが、フロア中どの場所もアンテナが全て立っていましたので、地下でも全く影響無く使って頂けるでしょう。
 

速度

スマホを使用中のユーザーも多いと思われるデパート内でしたが、回線速度は21Mでした。
高精細動画の再生を出来る回線スピードが、余裕をもって計算して7Mbpsとなっていますが、地下での速度もその3倍を記録しています。

 

使用感

この場所で試しに一般サイトをいくつかと動画サイトから1,080p(Blu-rayレベルの高精細動画)の再生を行ってみましたが、
どのサイトもサクサク読み込んでくれ、動画も一切途切れることなく再生できました。
 

② マンション・ビル屋内

続いて、電波の入り難さで地下とトップを争うマンションビルの室内です。

 

恥ずかしながら、今回の計測場所は自宅になります。
もともと、期待して契約したWiMAXが、いざ電源を入れると電波が玄関ドアから約10cmの所までしか入らず
泣く泣く手放した後にNEXTmobileに出会った経緯があり、同様の状況の方には是非ご覧頂ければと思います。
 

マンション・ビル屋内
電波状況

WiMAXが玄関ドアから10cmまでしか入らず落ち込んだのに比べ、ネクストモバイルではアンテナが全て立ち非常に良好な電波状況でした。
 

自宅は、部屋からの景色の8割が隣のマンションという、電波状況がなかなか厳しい環境にありますが、部屋のどこへ行っても全てのアンテナが立っていました。
 

遅刻ギリギリに乗れた電車は、車掌さんの息子になってもいいと思わせるほどの喜びがありますが、
もうWi-Fiルーターをほとんど諦めていたところで、電源を入れたネクストモバイルの全てのアンテナが立っているのを見た時は、ルーターを胴上げしてやろうかと思ったのを思い出します。

 

速度

この様に、電波の入り方が厳しい環境ながら、30Mbps以上のスピードが出ています。
駅から多少離れていて電波の共有が少ないという事もあるかと思いますが、
これだけの速度が出れば、現状のインターネットのコンテンツは全て滞り無く表示・再生出来ます。

 

使用感

実際自分で自宅でNEXTmobileを使用していると、1080p(Blu-ray同等の画質)でも一切途切れること無く、スムーズに再生出来ています。

また最近流行りにつられて買ったVRスコープを使い、YouTubeで360°VR動画を1080pで再生しましたが、これもバッチリ途切れる事無く見る事が出来ました。

 
 

《NEXTmobile公式ホームページ》

③ 新幹線の車中

ガラケーの時代から電波状況が悪い場所の代名詞であった新幹線ですが、現代のソフトバンク電波網を駆使したWi-Fiルーター、ネクストモバイルはどう立ち向かうでしょうか?
先日乗る機会があった上越新幹線についてレポートしてみたいと思います。

 

山の中を通るため、東海道や東北の新幹線よりいくらか電波や基地局の環境は悪いと考えられますので、他の新幹線にも参考になるか思われます。
東京⇒新潟間で何ヵ所か、場所ごとに電波の受信状況とスピード計測両方をしてみましたので、その結果を場所ごとに見てみましょう。
 

上野~大宮間(埼玉県内区間)
越後湯沢〜浦佐間(東京~新潟の中間地点付近)
浦佐〜長岡間
長岡〜燕三条間
電波状況

時速200㎞以上で走って行く新幹線の中ですが、電波状況は良好で概ねアンテナは全部立っていました。
しかし唯一、時折関越の山をくり抜いた大きいトンネルの中に入った時は、受信不能となりました。
先ほどの様な地下街であれば問題無く使用可能ですが、山岳地帯のトンネルにおいては回線が途切れる事があると思われます。

 

速度

回線速度の方は、電波を受信さえしてしまえば、安定して20M以上、場所によっては30Mオーバーとハイスピードな通信環境が出来ていました。

 

使用感

乗車中ネクストモバイルのルーターを通してスマホを使用しましたが、レスポンスもコンテンツの表示も終始速く快適で、高速移動する新幹線内においても快適にネットを使う事が出来ました。

 
 

④ 繁華街(東京・横浜・千葉・新潟)

続いて、他にスマホを使用中のユーザーが多いため電波状況が悪くなり速度が落ちる、繁華街においての調査です。
住んでいる場所の関係で少し場所は偏っていますが、概ね同じ傾向が出ましたので、他の都市も同様の状況が期待できるかと思われます。
 

東京(銀座付近)
横浜
千葉

 

電波状況

受信状況については、市街地のため良好で、繁華街での電波の受信については全く問題ありませんでした。

 

速度

繁華街においては他のユーザーが多いため、速度はかなり抑えめとなるかと思われましたが、どの都市でも安定して20M中盤の速度が出ました。

 

使用感

ネクストモバイルのWi-Fiルーターを通してスマホを使ってみた感じとしては、一般サイトの表示は問題なく、テストで動画を再生しても、表示の遅延や読み込みの停止などは無く、スムーズに見る事が出来ました。

 

⑤ 観光地

最後に観光地においての回線スピードです。
観光地といっても全国数限りなくありますが、経済力の壁から、ひとまずは先日行った修善寺の温泉にて計測した結果をお知らせします。

今後もあまり遠くには行けなさそうですが、機会あれば他の観光地での計測結果も掲載したいと思います。

修善寺温泉(修善寺駅前)
電波

修善寺は温泉街ながら、駅周辺はそれ程賑やかではありませんでしたが、電波状況は良好で全アンテナが立っていました。

 

速度

回線速度の方も20M台半ばと、なかなかのスピードが出ました。

 

使用感

こちらでは、ネクストモバイルのルーターに接続したスマホを使って、バスの時間を調べたり地図アプリを開いたりしましたが、サクサク動いてくれました。
ちょっとギリギリのスケジュールで動いていましたので少し焦りましたが、レスポンスよく動いてくれ、非常に助かりました。

 

 

《NEXTmobile公式ホームページ》

ネクストモバイルはつながりやすかったです!

ネクストモバイルのエリアについて見てきましたが、人口カバー率99%の調査値の通り、非常に繋がりやすい事が分かりました。

 

またエリア内でも、電波状況の悪そうな各所で、ネクストモバイルの電波の受信状況ならびに回線速度を計測してきましたが、
この状況でも大規模なトンネル以外では良好に電波を受信でき、速度も概ね20Mbps台~30Mbps台出ていました。
 

これはBlu-rayレベルの高精細動画(1080p)を余裕を持って再生出来る速度(7Mbps)の3~5倍のスピードで、
360°VR動画などを見てみても、途切れたり画質が低下したりせず、バッチリ見る事が出来ています。

 

電波の受信状況が良好で、実測の回線スピードが早いモバイルWi-Fiルーターを探していた、という方は、現在端末無料キャンペーン中でもありますので、ぜひ以下のNEXTmobile公式ホームページの方ものぞいてみて下さい。

 

 
 

それでは快適なインターネットライフをお祈りしています!

 

 

ネクストモバイル関連記事

性能について

【電波のつながり易さ】

【速度】

【データ容量】

【端末】

料金やプラン、契約事務等について

【料金プラン】

【キャンペーン・キャッシュバック】

【事務手続き関連】

レビュー・口コミ

【口コミ・評価】

他社比較

【vs WiMAX】

【vs Y!mobile(ワイモバイル)】

【vs Softbank】

【vs au】

【vs docomo】