激安、いや最安ネット回線はどれ?!【リアルな月額料金を正確に計算!⇒1番安い回線を探ります!】

ビジネスマンミーティング

新しくネット回線入れたいなとなった時、誰しも思うのが、
「1番安いリーズナブルな回線はどれ?」
と言うところでしょう。

 

そこで今回、種類が爆発的に増えてうれしい反面、選ぶのはなかなか面倒なインターネット回線の中から、「ちゃんと使えて」「1番格安」なものを探って行きたいと思います。

 

なお、今回基準にした大きなポイントとしては「通信費トータルで安い」物をピックアップする、と言う点です。
 

実は現在インターネットに関わる月額費用は、
ネット回線料金+スマホ料金
となっています。
 

今回検証してみると、ネット回線単体で考える最安と、通信費トータルで考える最安が全く違う選択肢である事が判明したため、
ぜひ以下の検証結果をご覧頂ければと思います。

 

なお、1番格安な選択肢を探るにあたり、ネット回線の販売においては、実は3つものワナがある事が分かりました。
その辺りもバッチリなぎ倒し最安のネット回線を探る事が出来ましたので、よろしければその辺りものぞいてみて下さい。

 

それでは早速見ていきましょう!

【まずは結論から】
激安?格安?いや最安インターネット回線はコレ!

忙しい現代人の皆さんですので、まずは結論として最も格安なネット回線は何なのか?をお伝えしましょう。
 

最安のネット回線は、以下の組み合わせになります。

パソコン用の画像
スマートフォン用の画像
モバイルルーター

(格安Simスマホ)

 

なおモバイルルーターとしては
NEXTmobile
が性能・価格両面でおすすめです。

 
この様に、ネット回線としてモバイルルーターを選択し、これと格安simスマホを組み合わせて使うと、
快適なネット環境をキープしつつ、通信費トータルで最も安い料金でインターネットを使う事が出来ます。

 

ちなみに、モバイルルーターの中でおすすめに挙げさせて頂いた、NEXTmobileと言うルーターについては、
正直NEXTmobileと言われても「ネク… 何ソレ?」とポカーンとされる方が殆どかと思われます。

 

自分としても、こんな誰も知らないモバイルルーターが最安とご紹介するか非常に悩み、
保健所の所長が、検査で訪れた店の、創業以来150年つぎ足し続けた秘伝のタレに入れ歯を落っことしたのを告白するか悩む如くの葛藤がありましたが、
以下に記事の検証にて、紛れも無くNEXTmobileがモバイルルーター中最も格安である事が分かり、自信をもってご紹介させて頂く事としました。


 

NEXTmobileは簡単に言えばこんなルーターです

NEXTmobileは世に浸透していないながら、性能面と合わせて以下の様な特徴があります。
 

NEXTmobile
 

1:ブロードバンド回線中で最安レベル
 
2:モバイルルーターであるので、スマホを格安simにして共用すれば、通信費全体として、他と比べて圧倒的に格安になる
 
3:電波特性として、マンション・ビル内でもよく届く
 
4:回線速度は高精細動画も余裕をもって再生可能

 
特に②については、自宅のネット料金だけでなく通信費トータルで考えると、段違いに安い料金使う事が可能で、自宅ネット+スマホ代で¥4,485となっています。
光回線+3大キャリアスマホで通信費トータル¥15,000程になっている方も普通に居ますので、かなり高額なコストカットが可能な選択かと思われます。

 

 

ちなみに料金のみだけで考えてしまうと、昔¥5800の自転車を安さのみで衝動買いしたところ、帰りの坂で早速脱輪し、変身中の仮面ライダーの様に回転しながら中空をスッ飛んで行った経験のある自分としては、ちょっと不安が付きまといます。

 

そこで、モバイルルーターの性能面の要素としては、①電波受信つながり易さ・②回線速度がありますが、双方とも以下の記事にて検証してみました。
 

《NEXTmobileの電波のつながり易さについて》


 
《NEXTmobileの回線速度について》

 
詳しい検証結果は上記記事に譲りますが、結論としては「電波のつながり易さ」「回線速度」共に高いクオリティである事が分かり、
実は自分自身調べている内にNEXTmobileちょっと良いなと思ってしまい、最終的に契約してしまいました。
 

上記記事では、契約した自分のNEXTmobile端末で実際に各種検証を行っていますので、
ちょっと興味あるなと言う方はぜひご覧になってみて下さい。

 

 

それでは、結論の簡単な解説はひと区切りとし、次の章から「使える」ネット回線中「最安」の物を順を追って見て行きましょう!
 

 

《NEXTmobile公式サイト》

① 激安?格安?いや最安インターネット回線を追っていきましょう!

さてここからは、「使える」ものの中で「最安」のネット回線を探って行きたいと思いますが、
まず現状世にある全てのインターネット回線のうち、インターネットを快適に楽しめる速度を持った「使える」ネット回線としては、何と何があるでしょうか?

①-1
快適にインターネットを楽しむのに必要な速度はどれぐらい?

 
まず、「快適にインターネットを楽しむために十分な速度」の条件としては、以下の物としました。

実測スピードが概ね7Mbps以上

これは、快適なインターネットに必要な速度として、大体以下のスピードが求められている事によります。

コンテンツ必要な速度(bps)
テキスト中心のホームページ1M
画像中心のホームページ3M
ファイルやアプリのダウンロード2~5M
youtube ( 360p:低め画質)0.5M
youtube ( 480p:標準画質)3M
youtube ( 720p:ハイビジョン)5M
youtube (1080p:フルHD超高画質)7M

 

参考まで普段見ているのは以下の画質です
DVD480p同等
地上デジタル放送    720pと1080pの間
Blu-ray1080p

 

ご存知の通り、最も回線スピードを要求されるのが、YouTubeなどの動画サイトの視聴ですが、
意外にも、Blu-rayレベルの超高画質での動画鑑賞でも、実測速度が7Mbpsあれば快適にご覧頂く事が可能です。

 

ここで、現状存在する全インターネット回線のうち、これに当てはまるネット回線を探してみましょう。

なお実測値については、結局は実測スピードの問題ですので掲載したい所ですが、場所などの条件により幅があり、コレという数字の決定は厳しいところです。
ただ大体の傾向としては、スピードテストサイトの統計情報、各種回線ユーザーのスピードテスト結果についてのツイートから、
概ね大部分の時間帯において、十分期待できる数字(単位:bps)を掲載しました。
 

《スマホの方は横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

回線名タイプ速度(名目)速度(実測)
フレッツ光
(光コラボ含む)
戸建1G45M
マンション1G40M
auひかり戸建1G~10G 100M~1.5G
マンション100M~1G60M~100M
NUROひかり戸建1G~10G 140M~1.5G
for マンション2G~10G100M
ADSL共通8M~50M0.5M~3M
ケーブルテレビ戸建100M~320M25M
マンション100M~320M25M
 モバイルルーター 共通150M~988M25M
格安sim共通150M~320M0.1M~1.5M

 

これを見ると緑の太字で記した回線であれあば、ほぼほぼ快適にインターネットを使う事ができると言っていいでしょう。
以下この緑の太字で示した「使える」5つの回線について、料金の方を見ていきたいと思います。

①-2
まず各インターネット回線ごとの最安値を探しました

速度=性能面で絞り込みましたので、最後この中からコスト面で決めて行きたいと思います。

 

そこで、各回線の割引やキャッシュバックを加味した、リアルな月額費用を計算してみましょう。
影に隠れがちな物も含め、ネット回線の契約・使用に関わる全ての費用をあぶり出しました。

 

計算式としては以下の様になります。

  契約事務手数料
工事費
(月額料金 × 最低利用期間)
キャッシュバック・割引  
最低月数

※最低月数はプラン・キャッシュバック双方の縛りが解ける最低利用期間を最低月数としています
 

要は一時的費用である初期費用からキャッシュバック等を含め、最低月数の間に掛かる全費用を出し、これを最低月数で割って実際に支払う1ヶ月あたりの費用を出そうという訳です。
 

ネット回線の料金表示には、3つの“ワナ”がありました

実は今回、リアルに最安な回線を見つけるにあたって、3つの非常に面倒なワナがあり、計算に苦労しました。
ネット回線の販売おける3つのワナとは何だったのでしょうか?
 

さてそのワナとは、

3つのワナ

①キャッシュバック・割引には条件がある
②初期費用が隠されている
③最低月数を少なく計算

となります。
以下各々簡単に見てみましょう。

 

① キャッシュバック・割引には条件がある

まず1つめですが、キャッシュバック・割引には、貰えるための条件がある事が多いです。
 

例としては、

もらえる条件
・後から解約出来ないオプションの加入が必要な物

・知人を加入させないと発生しない物

・現状使用している回線の契約解除料を負担する、という名目での物

この様な該当者の少ないキャッシュバック・割引額をどんどん上乗せして、
パッと見もの凄いキャッシュバック・割引額があると見せている場合がかなり見受けられます。

 

このため1番得と思ったら、実際自分が該当するキャッシュバックは意外に少なく、全然得でなかった、という状況が発生します。

 

ジャイアンツ勝って仕事は上々カラダもスッキリ超爽快な時は優しいですよ!(けどそれ以外の時は亀田の親父とどっこいどっこい)、という様な、マトモに見えてアブナイ人とお付き合いが始まってしまったようなもので、この上ない不幸の始まりと言えるでしょう。

 

今回はこれをふまえて、キャッシュバック・割引の中でも、

ネット回線のみの申込みで該当する

・もしくはオプション加入の条件があっても、契約後すぐオプションの解約が可能

の場合のみ考慮しました。

 
 

② 初期費用が隠されている?

自社の回線を安く見せたいのは分かりますが、月額料金やキャッシュバックのみを前面に出してアピールし、工事費などの初期費用は別のページに見えにくく表示することで、初期費用を隠す、又は別物と認識させている例がかなり見受けられます。

 

しかも工事費用は¥20,000~¥30,000オーバーと高額な事が殆どで、これを入れるとコストが跳ね上がるため、
初期費用と言うのは実はかなり大きな要素となっています。

 

よく「ダイエット中だけど甘いものは別腹だから」と食後にデザートを注文するような例がありますが、食べ終わって数えてみたら平らげたケーキ17個
などと言う事になると、例え野菜中心の料理の後であったとしても、後からくっ付いてくる体脂肪は別物とはなり得ないでしょう。

 

ということで今回は、

・契約事務手数料や工事費などの初期費用も全て足し合わせ、キャッシュバック・割引を引き算して総費用を出す

によって実月額料金を計算しました。

 
 

最低月数を少なく計算

割引、キャッシュバック、ディスカウント

プランやキャッシュバックの条件として最低利用期間(=最低月数)が定められているのはいいのですが、
月額料金の計算にあたって、最低月数を少なく見積もって計算されている例が、大手の価格比較サイトでも見受けられます。

 

面倒な算数ですが、月数を少なくして計算すると、キャッシュバックの計算時の最後の割り算の分母が、実際より少なくなり、
結果、実際よりもキャッシュバックが高く計算されてしまいます。

 

例えば、最低利用期間が36ヶ月と長めのプランが光回線を中心にありますが、これを24ヶ月としてしか計算していない場合を、キャッシュバックが¥36,000として計算してみましょう。
すると、当然1ヶ月あたりのキャッシュバック額は以下の通りになります。

       
36ヶ月表示:¥36,000 ÷ 36ヶ月 = ¥1,000

24ヶ月表示:¥36,000 ÷ 24ヶ月 = ¥1,500

 

25ヶ月目から基本料金が高くなるプランなども多く、この辺りの効果も含めると¥1,000以上に違いが出ている例も多くなっています。

 

このため、今回計算するにあたっては、プラン・キャッシュバック適用にあたっての最低利用期間を正確に出して後、実月額料金を計算しました。
 

※この方法ですと、工事費などの固定費用も高く見積もられますが、こういった費用は②でご紹介した様に、別枠になって月額費用の計算に入れ込まれていないため、固定費用の高め見積りは上手く回避されている状況があります。

 

 

以上3つのワナに気をつけつつ、各回線について料金を計算してみました。
いよいよ次の章で各ネット回線の実際の月額費用を比較してみましょう!
 

①-3
各インターネット回線ごとの最安値は?

月額料金、月額費用、料金、費用

さて、回線供給業者・プロバイダー・販売代理店の組み合わせごとで様々なネット回線価格ですが、まずは回線ごとに最安値がいくらなのかを見ていきましょう。

 

同じ回線でも、販売代理店ごとで実月額料金に違いがあるため(例:auひかり戸建タイプでは¥3,834~¥5,500)、
各ネット回線の料金としては、その回線を販売している代理店の中でも、最も安い料金を出している販売代理店の料金を採用しました。

《スマホの方は横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

回線名タイプ 月額料金販売代理店
フレッツ光
(光コラボ含む)
戸建¥4,284㈱STORY
マンション¥2,884㈱STORY
auひかり戸建¥3,834㈱linklife
マンション¥1,650
〜¥3,250※
㈱S&Nパートナー
NUROひかり戸建
マンションミニ
¥3,868㈱スローダイニング
ケーブルテレビ戸建¥5,325J:com
マンション¥4,125入間ケーブルTV㈱
モバイルルーター共通¥2,885NEXTmobile

※auひかりマンションタイプ:¥1,650はタイプE,¥3,250はマンションミニギガタイプ
タイプはそのマンションに設置された設備によりあらかじめ決まっています。

 

これを安価な回線から順に並べると、以下の様になります。
《スマホの方は横スクロールで隠れている部分をご覧頂けます》

回線名タイプ 月額料金販売代理店
auひかりマンション¥1,650
〜¥3,250※
㈱S&Nパートナー
フレッツ光
(光コラボ含む)
マンション¥2,884㈱STORY
モバイルルーター共通¥2,885NEXTmobile
auひかり戸建¥3,834㈱linklife
NUROひかり戸建
マンションミニ
¥3,868㈱スローダイニング
ケーブルテレビマンション¥4,125入間ケーブルTV㈱
フレッツ光
(光コラボ含む)
戸建¥4,284㈱STORY
ケーブルテレビ戸建¥5,325J:com

これを見て分かるように、auひかりが1番安いという事になります。
自宅でのネット回線単独で考える場合、auひかりがおすすめです。
 

しかし冒頭にも書きましたが、自宅ネット回線の料金を、いま1つ大きい目で通信費トータルで見た場合どうでしょうか?
実はauひかりよりも更にリーズナブルな回線が有ります。

②通信費トータルではNEXTmobileが圧倒的に安い!

通信費と言うと、

自宅ネット代 + スマホ代 +自宅電話代

ですが、ネット代金だけでなく、通信費全体で考えると、先程の結果はどう変わってくるでしょうか?

 
 

まずは単体最安の、auひかりマンションタイプです。

auひかりマンションタイプ(タイプE)

自宅ネット代 :¥1,650

スマホ代   :¥11,310

自宅電話代  :¥500

スマート
バリュー割引:¥934
||
合計     :¥12,526
(スマホはauでiPhoneX,データ容量20G)

auひかりにも、通信費全体への割引施策としてスマートバリューというものがあり、auひかり+auスマホの契約により、スマホ代金が格安になります。

 

しかしイマイチ割引額が低めなのと、同時に固定電話サービスの加入も必要なので、あまり意味は無い形になっています。

 

また¥10,000超えのネックとなっているのはスマホ料金です。
スマホの月間データ容量は10Gは欲しいところですが、これに対応するプランを選ぼうと思うと、スマホ料金だけで¥10,000を超えてしまう結果となってしまいました。

 

 
 

これに対しNEXTmobileはモバイルルーターで、外出時でも使う事ができるため、スマホをNEXTmobileとつなげて使えば、

スマホのデータ容量を気にしなくても良くなる

というメリットがあります。また、

遅いスマホでもモバイルルーターの安定した速度で使える

という大きな利点もあります。

 

ですので、特に少ないデータ容量のプランで料金がかなりの格安となるものの、回線速度の遅さに非常な困難がある、
格安simスマホを活用できるという選択肢が入って来ます。

 

となると、NEXTmobileを中心とした通信費はいくらになるでしょうか?

NEXTmobile

自宅ネット代 :¥2,885

スマホ代   :¥1,600

自宅電話代  :¥0
||
合計     :¥4,485
(スマホはMineoのDプラン,音声通話付き,データ容量3G)

となります。
auひかりの¥12,526に対しNEXTmobileの¥4,485と、通信費が約1/3に圧縮出来てしまいました。

 

さすがに差が開き過ぎて逆に居心地が悪くなるレベルですが、これからネット回線の変更を考えている方にとってはかなりの福音となったかと思います。
 

 
 

なお、もちろんauひかり+格安simスマホという選択肢もあるのですが、auひかりは自宅内のみの固定回線のため、回線スピードが遅いという問題が付きまとう格安simスマホの弱点をカバーする事が出来ません

 
 

格安simスマホの中ではスピードが速い物でも、昼休みや夜間の全体的にスマホの使用が増える時間帯においては、使い物にならないほど速度が落ちる、という難点があります。
 

自分も格安simスマホ使っていまして、中でも評判に惹かれてMineoを使っています。
積極的に回線増強を図るなど、非常に満足度が高い格安simですが、やはり昼休みや夜間には、サイトの表示も出来なくなる事があるという現実があります。
 

しかし、こういった時間帯でもNEXTmobileを接続して使っているため、高精細動画なども安定して再生出来、なかなか快適な環境でインターネットを使えています

 
この様に、他のデバイスを補完できるというのもNEXTmobileの大きな利点と言えるでしょう。

 
 

《NEXTmobile公式サイト》

【最終結論】
一番安いインターネット回線は!

この様に、モバイルルーターを中心に格安simスマホと組み合わせると、スマホの回線スピードを保ちつつ、格段に通信費を格安に抑えられるという事が分かりました。

 

特にモバイルルーターの中でも、NEXTmobileは月額¥2,885と使えるモバイルルーター中最安で、
電波についても、700M~900MHz帯という、入り組んだ所にも届く特性を持った周波数帯を使っているため、周囲にマンション等の高い建物が多い場所に住んでいる方にも、自信をもっておすすめ出来る性能を持っています。

 

という事で、結論としては以下のようになります!

パソコン用の画像
スマートフォン用の画像

NEXTmobile


(格安Simスマホ)

①通信費トータルで最安の¥4,485です
②格安simスマホもハイスピードに!
②室内でも電波状況が良好です

 

以上長文お付き合いありがとうございました!

なんか興味あるぞと言う方は、現在端末無料キャンペーンも行っていますので、ぜひ以下の公式ホームページをのぞいてみて下さい!

 

それでは充実のインターネットライフをお祈りしています!!

 

 

ネクストモバイル関連記事

性能について

【電波のつながり易さ】

【速度】

【データ容量】

【端末】

料金やプラン、契約事務等について

【料金プラン】

【キャンペーン・キャッシュバック】

【事務手続き関連】

レビュー・口コミ

【口コミ・評価】

他社比較

【vs WiMAX】

【vs Y!mobile(ワイモバイル)】

【vs Softbank】

【vs au】

【vs docomo】