【2018年】横浜の花見を応援! 今日の開花状況はこんな感じ【3月11日:掃部山公園編】

(注)こちらは2018年3月11日時点のレポートです。
2018年3月24日のより新しいレポートがありますので、最新の情報をご覧になりたい方は、以下のリンクからご移動下さい

 

 

いよいよ2018年も極寒の季節が終わり春の気配を感じる時期になりました。

毎年春の1番のニュースと言えば桜の開花、桜の開花と言えば花見、またある種の人にとっては、花見と言えば世間の目を気にせず野外で堂々と酒が飲めるという事で、
桜と言うとニュースも先を争って報道するのに、朝顔やマーガレットが咲き狂っても一切話題に上らないというのも、ちょっとサビシいですが、この辺りにあるのかも知れません。

 

いずれにしろ、桜の花は見るにも騒ぐにも最高ですので、今年の皆さんのエンジョイをさらに盛り上げるため、
横浜の桜を、つぼみ〜開花〜満開〜葉桜までレポートして行きたいと思います。

まずは3月11日の掃部山公園の桜や公園の状況をご覧下さい。

なおこの日は山下公園についても見てきました。
元町・中華街方面で考えている方はぜひどうぞ。

アクセス

こちらは掃部山公園は桜木町から徒歩圏内にあり、敷物をしいての花見がOKの公園となっています。

2016年にプラント建設大手の日揮の場所独り占め未遂でも話題になった公園ですが、園内に大きく2か所の花見場所がある他、池があったり、園内の通路からランドマークタワーが見えたりする等、見どころいっぱいで、さすが大手企業も引き寄せる公園といった感じでした。

 

まずはアクセスです

掃部山公園

徒歩:JR・横浜市営地下鉄 桜木町駅から徒歩10分

 

:公園自体には駐車場はありませんが、近隣にコインパーキングがあります。

園内の桜の開花状況

まず3月11日の掃部山公園の桜の開花状況です。
園内の階段近くにある桜で、枝の部分に近づける物がありましたので撮影してみました。

掃部山公園3.11 つぼみ1

掃部山公園3・11 つぼみ2

今年の開花予想は現時点で3月23日ですので、さすがにまだバッチリつぼみです。
ここから約2週間で徐々に咲いていく、まずはスタート地点といったところでしょうか?

園内の状況

掃部山公園には、敷物を敷いて花見が可能な場所が大きく2ヶ所あります。
それぞれ3月11日時点の状況を見てみましょう。

1ヶ所目:井伊直弼像前

まずは掃部山公園の中でもメインの花見スポット、井伊直弼像前エリアです。
場所としてはこちらです。

 

そして以下がこの日の井伊直弼像前エリアの様子です。

この日は天気が良く青空が広がっていて気持ちが良く、なんなら前夜祭的に始めてしまっても良いような雰囲気でした。
場所的にも広く、花見会場としては非常に気持ちが良さそうで、開花が待ち遠しくなる良いエリアでした。

遊具エリア

次は井伊直弼像前エリアから階段を下りたところにあるエリアで、遊具エリアと名付けさせて頂きました。
遊具があるため、子供連れには楽しいエリアでしょう。
場所は公園内のこのあたりです。

 

そして以下がこの日の遊具エリアの様子です。

大人の花見場所としてはちょっとファンシーな風景が広がっていますが、桜の木もたくさん植えてあり、昼間に家族連れで来るには最高でしょう。

その他エリア

敷物を敷いて宴会をする以外にも、掃部山公園には見どころがあります。
まず園内通路の様子です。

掃部山公園には園内に池がありました。
池の周りにはベンチもあって、なかなかいいロケーションでした。

園内・周辺情報

最後に園内・周辺情報です。
まずトイレですが、井伊直弼像前エリアの所に以下の様なトイレがあります。

 

また宴会となれば気になるのが、飲み物・食べ物が無くなった時の買い出しです。
掃部山公園の近くには少し歩きますが、セブンイレブンがあります。

ちなみにアルコール類も販売がありますので、お酒が足りなくった時にも補充可能です。

最後に

2018年桜の開花状況レポート、まず掃部山公園を見てきました。
大きい花見エリアが2つある上、園内を散歩しても沢山の桜があり、池まである贅沢さで、非常に楽しそうな公園でした。
住宅街に囲まれているのに、ランドマークタワーをバックに桜の木があるような場所もあり、景色におしゃれさが漂う、横浜の花見スポットらしい公園になっています。

桜木町駅から徒歩圏内でもありますので、ぜひ一度足を運ばれてみて下さい!