【2018年版】江の島を散歩するならココとココ!【前編:街歩き〜ランチ編】

いよいよ2018年も太陽キラキラの夏が近づいて来ました。
朝起きて晴れてるとテンションも上がりますが(休日のみ)、夏と言えば海でしょうと言う事で、今回は江の島へ行ってきました。

地図で見れば小さい島ですが、さすがは観光名所、いろいろ見どころがありましたので、ご報告していきたいと思います。

駅から島まで

 

さて早速江の島探検まずは入口の… といくつもりだったのですが、さすがは湘南随一の観光地、
入口以前に、江ノ電の江の島駅を下りると、島へ行くまでで、既にフォトジェニックな場所がぼんぼん現れてきました。

 

まずはコチラ

タリーズコーヒーと言えば大規模チェーン店ですので、まあ各所にあると言えばありますが、
普段見てる駅前の店舗とまたひと味違ったオシャレ感ある建物で、通りの雰囲気を一段上げている迫力ある店構えでした。

ここで、江の島ローストタリーズラテブラスティングボルケーノスペシャルパート2みたいなのがあれば、
飲んじゃおうかなとも思ったのですが、目つぶったら飲んでも見分け付かないのを他でも売ってますし、
オカネも限りがありますので、先へ進みました。

 

オシャレなタリーズに続き、通りにはヒルナンデスで見るようなお店がボンボン立っていました。

まずは、スムージーのお店。
イマドキ女子が好きそうな見た目のドリンクが並んでいますが、左下の水色ベースのイチゴ入りのヤツ、ベースの水色は一体何を混ぜるとこの色になるのか、
もちろんナチュラルな原料で出来ていると思われますが、言っても2010年あたりまでにあった食べ物では、何と何を混ぜてもこの色は作り出せなかったと思うので、ちょっと勇気のいる所です。

○○と△△を混ぜるとこの色になるとすると、たまたま〇〇を食べた時に△△も食べたりした次の朝あたりに、こんなきれいな色の物が出て…
すいません暴走しましたm(_ _)m 次へ行きましょう。

 

さすが江の島まだまだ雰囲気いっぱいのお店が続きます。
どちらも海に似合う爽やか系のドリンクを出していましたが、こんなにオシャレなお店ばかりがここまで続くと、
「江の島行こうー」といって着いたものの、1日色んな爽やかドリンクに引き込まれ、結局海へ行き着かずに帰って行った方も居るのではないでしょうか。

とにかくスタイリッシュあふれる楽しい通りでした。

いよいよ江の島へ!

雰囲気いっぱいの通りを抜けると、いよいよ江の島が見えてきました。
この日はなかなかのいい天気で、江の島に来るには最高の陽気。

江の島へ渡るには長い橋を渡りますが、どこを見てもお日様に照らされて最高の景色でした。

 

島の全景です。気がたくさんあって自然が残っているのが分かります。

 

橋の中間地点あたりから島と逆側を見た様子。
ちょっと工事中でアレですが、ビーチには歩いてる人もいました。

 

これも橋の中間地点から島と逆側を見た様子。
遠くに日本アルプスの山脈も見えます。

 

江の島まであとちょっと。
かすかにハマグリを焼いた匂いがした様な… 島もかなり大きく見えてきていよいよ上陸まであと一歩です!

江の島に到着しました!

いよいよ江の島に到着しました!
ここからの選択肢としては、①左方向に広がる飲食店をめぐる、②真っ直ぐ行って早速江の島の小山を登る、がありますが、
せっかく来ましたので、まず①の飲食店めぐりから行くことにしました。

早速行ってみましょう!

江の島ランチ探し開始!

ちょうど昼食時だったので、ガッチリ食べれる店を探しつつ行くと、江の島名物しらす丼を出してくれるお店がたくさん並んでいました。

 

通りを進むと、しらす丼を中心に江ノ島で捕れた海産物を料理してくれるお店が並んでいます。
まずは藤浪さん。

 
 
 

続いて魚華さん。
前に数回お邪魔しましたが、店内がきれいで、2階・3階から見る景色も良く、おすすめのお店です。

この日は残念なからお休みで、2階の白いパラソルも畳まれてしまっています。

 
 

次がとびっちょ本店さんです。

他の店も江の島に出している店ですから、まあまあ込んでましたが、ここはものすごい人! テレビででも宣伝されてたのか、道に列が出来ていました。

 

時期的にも初夏でかなり暑く、先頭のお父さんに至っては、
「声出したら息子撃っちゃうぞ」と言われながら足ツボを押されている如くに、無言で歯を食いしばっていましたが

ここまでして皆さんが食べたい料理、次回来た時は是非チャレンジしたいと思います。

 
 

続いて島童子さん。

さわやかな店構えで、店頭にあったメニューもなかなか美味しそうでしたが、お客さんの入りはまあまあと言った所。

もはやとびっちょ本店以外は、味付けがバニラかストロベリー、

又は、箸を置いてないので顔面を丼に浸けて食べる他無く、ほとんどの人はしらす丼を見るのみで、1000円払って「ツヤがあったねー」などと言いながら帰る

もしくは「しらす丼1000円」の1000と円の間に小さく「万」と書いてあって、うっかり家族5人で食べて結局家を売った人が居る、

等でない限り説明がつかない集客差でした。

 
 

座々丸さんに決定!

いろいろ見ましたか、どこも江ノ島のしらすを始めとした海産物が中心で、自分的には好きな物ばかり。

そんな中、2階がオープンになっている座々丸さんにお邪魔する事にしました。

 
 

店内に入るとイマドキのレストランの様な雰囲気で、
他の店が、オシャレな漁協の食堂といった感じの外観が多いのとは違い、個性をアピールしています。

 
 

2階に進み、目当てのオープンスペースに行くと、目の前に江ノ島の街並みと空が広がっていて
景色が良く非常に開放的でした。

 
 

視線をずらすと、ヨットハーバーに停まるヨットの奥に、相模湾から湘南の街並みまで見えて、
これなら、バニラ味のしらす丼が出てきても美味しく食べられるなと思わせる物があります。

 
 

メニューはしらすだけでなく、サーモンやトロなどを使った物があります。

他のページにはセットものなどもあり、メニューはバラエティーに富んで、選ぶ所から楽しみいっぱいでした。

 
 

しらす丼とマグロ小鉢がついてるセットにしました。

やっぱりしらす丼は美味いですね!
しかも初夏の青空と海を眺めながらオープンエアーの席で食べると、
味も気分も言う事なしでした!

 

食べた後も少しゆっくりさせてもらいましたが、湘南フレーバーいっぱいの景色の中で
ボケっとしてると爽快感のみ。最高にリラックスできました。

味も美味しいし、座々丸さんのオープン席、是非またお邪魔させてもらいたいと思います!

江ノ島レポート前編でした

以上江ノ島散歩レポートの前編でした。

ひと口に江ノ島をブラブラすると言っても、駅を降りてから早速見どころいっぱいで、
島に到達するまで + ランチ探しだけで結構な内容になってしまいました。

ランチを食べてここまでで帰ってもなかなかエンジョイした感がありそうな、
海と空と食の楽しみが詰まったエンターテイメントアイランドですね!

ぜひ皆さんも足を運んで見てください!

 

後編はいよいよ島の中に入って行きます!

つづきはコチラからどうぞ♯

 

それでは皆さんのエンジョイあふれる散歩ライフをお祈りしています!!